写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤマハ発動機は7日、二輪車のショーイベントとして初めてベトナムで開催される「ベトナムモーターサイクルショー2016」(4月7〜10日開催)に、スクーターのデザインコンセプトモデル「04GEN」を出展すると発表した。

「04GEN」は"RUN-WAY"をコンセプトに、心と体を磨き、気高い品位を感じさせる女性をイメージしてデザインしたモデル。フレームを外装部品で覆い隠す一般的なスクーターの車体構造に対し、「04GEN」はフレームを透過性のある外装部品で覆い、美しく構成された内部構造を見せることで、堂々としたボディに軽やかさを与え、内と外の美しさの融合を究めた新たなデザインとしている。

同社は創立以来、一貫してデザインを製品づくりの重要な柱として位置づけ、2013年に「Refined Dynamism(洗練された躍動美)」をデザインフィロソフィーとして掲げ、ヤマハらしさを具現化する製品の開発に取り組んでいる。

このフィロソフィーにもとづき、2014年にデザインコンセプトモデル第1弾「01GEN(フロント二輪のクロスオーバーモーターサイクル)」と第2弾「02GEN(魅せたくなる電動アシスト車いす)」、2015年に第3弾「03GEN(TRICITYに色・素材・仕上げ提案を施したモビリティ)」を発表してきた。同社は今後もデザインコンセプト「GEN」をさまざまな機会に出展・提案していくとしている。

(木下健児)