写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車は7日、「ダイナ」「トヨエース」の2t積系を一部改良し、5月6日に発売すると発表した。今回の改良では、衝突時の被害軽減を支援するプリクラッシュセーフティを2t積系トラックに初搭載している。

今回の改良では、衝突回避や衝突時の被害軽減を支援するプリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付)と、車線逸脱による衝突事故の回避を支援するレーンディパーチャーアラートを標準キャブ(車両総重量5t未満の一部車型)に標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能とした。

プリクラッシュセーフティは先進安全自動車(ASV : Advanced Safety Vehicle)に対する減税措置に適合し、車両安定性制御システムVSC(Vehicle Stability Control)と合わせて装備することにより、自動車取得税は取得価額から525万円控除、自動車重量税は75%(初回のみ)減税される。

その他、スマートエントリー(運転席・助手席アンサーバック機能付)&スタートシステムをオプション設定し、利便性を向上。TECS(メーカー完成特装車)においてもベース車と同様の改良を施すとともに、新仕様のスライド式ダンプや荷台フロアの強度を高めたダンプを設定するなど、ラインアップを充実している。

「ダイナ」「トヨエース」の主要車型価格は417万2,727円〜508万6,800円、TECSの主要車型価格は440万9,345円〜546万6,763円(税込)。

(木下健児)