日本人と中国人のどちらにとってもコメは食卓に欠かせない食材の1つだ。日本人にとってコメは主食であり、なくてはならない食材だ。また、中国人が日本で電気炊飯器を爆買いしたことから分かるとおり、中国人にとってもコメは重要な存在で、毎日美味しくご飯を炊きたいと考えたからこそ、電気炊飯器を爆買いしたのだろう。

写真拡大

 日本人と中国人のどちらにとってもコメは食卓に欠かせない食材の1つだ。日本人にとってコメは主食であり、なくてはならない食材だ。また、中国人が日本で電気炊飯器を爆買いしたことから分かるとおり、中国人にとってもコメは重要な存在で、毎日美味しくご飯を炊きたいと考えたからこそ、電気炊飯器を爆買いしたのだろう。

 香港メディアの鳳凰網は5日付で、日本人は「ご飯に対するひときわ深い愛情」を持っていると伝えたうえで、なぜコメの味で中国人は日本人に勝てないのかと疑問を投げかけた。

 記事は日本人が持っているご飯に対するひときわ深い愛情を感じ取れる料理として「卵かけご飯」やお茶漬けを紹介。ご飯に生卵と醤油をかける「卵かけご飯」や、さまざまな具をご飯に乗せてお茶を注ぐという、双方ともに非常にシンプルな料理だが、これを美味しく食べるにはご飯が美味しいことが大きな前提となる。つまり、卵かけご飯やお茶漬け、さらにはおにぎりといった料理は「ご飯が主役」という共通点がある。

 記事は、中国のある研究者の見解として、中国産のコメと日本のコメを比較した場合、外観、食味、品質のいずれにおいても日本産のコメが優れていたと紹介。さらに、2007年に中国が日本の新潟産コシヒカリと宮城産ひとめぼれを24トン輸入した事例を紹介している。10キログラム単位で数えるなら2400袋という計算になるが、北京と上海でコシヒカリとひとめぼれを販売した結果、販売価格は1キログラムあたり99元(約1700円)と、中国産に比べて非常に高額だったにも関わらず、1カ月もたたないうちにすべて売り切れたと紹介した。

 この現象について記事は「当たり前の食材だった米に対して、ますます多くの中国人が高い品質を求めるようになっている。多くの中国人は最も日常的な物こそ最も投資に値する物であることを少しづつ理解し始めている」と分析している。

 稲作はもともと中国大陸から日本に伝わったものだ。コメはその後、日本人にとって重要な食糧となり、日本人はコメの品質改良を繰り返して、美味しいコメを作り出した。そこには、何事にも手を抜かず、妥協せずにコツコツと取り組む日本人ならではの特性が見える。中国人がわざわざ日本まで訪れて、電気炊飯器を爆買いした事例からも分かるとおり、中国では経済が発展し、人びとが豊かになると同時に、身の回りの生活や食事に対して質を求めるようになってきている。日本の農水産物は将来、中国で「おいしくて安全」であるとして人気を集める可能性もありそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)