写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンはこのほど、DSオートモーティブの5ドアハッチバックモデル、新型「DS 5」を全国のシトロエン ディーラーネットワークを通じて発売した。フロントグリルを変更するとともにパワーユニットも刷新している。

新型「DS 5」は、昨年の東京モーターショーでブランド60周年を記念して日本初公開された限定車「DS 5 Edition 1955」の量販モデル。フロントグリルは従来のダブルシェブロンから一新され、DSオートモーティブの象徴となるべく、DSロゴが配された新デザインとなっている。18インチアルミホイールも標準装備となる。

エンジンは新開発の1.6リットルツインスクロールターボ付き4気筒DOHCを搭載。最高出力は165PSを発揮する。組み合わされるトランスミッションは新世代の6速オートマチックEAT6で、ストップ&スタートシステムも搭載される。燃費性能は約33%向上し、JC08モードで15.0km/リットルとなった。

安全装備も充実し、ESC(エレクトロニクススタビリティコントロール)、レーンデパーチャーウォーニング(レザーパッケージに標準装備)、サイド&バックカメラ、オートマチックエレクトリックパーキングブレーキ、フロントソナー/バックソナーなどを標準装備。価格は「DS 5 シック」が409万円、「DS 5 シック レザーパッケージ」が454万円(ともに税込)。

(山津正明)