画像

写真拡大 (全3枚)

 LINEは、LINE@アカウントやLINE公式アカウントを保有する企業・店舗など対象に提供している「アカウントページ機能」をアップデート。表示できる情報を拡張し、外部連携サービスとのプラグインを追加した。

 LINEは、LINE@アカウントやLINE公式アカウントを保有する企業・店舗など対象に、LINEアプリ内に専用のホームページを開設できる「アカウントページ機能」のアップデートを実施した。

 同アップデートでは、アカウントページ上で表示できる情報・コンテンツが大幅に拡張された。あわせて、外部連携サービスも含めたプラグインを設定することで、カスタマイズした情報表示も可能になる。

 具体的には、該当アカウントがホームに投稿した最も新しい内容を表示できる「タイムライン」や「クーポン」、LINE内のポイントカード機能「ショップカード」、LINEアカウント上で直接EC可能な「コマース」など17のプラグイン機能の提供が開始される。

 また、外部連携サービスとのプラグインに関しても、グルメサービス「Retty」のレビュー情報やグルメ・レストランサイト「ヒトサラ」のものがリリースされており、両サービスに情報を掲載している飲食店は情報の一部をアカウントページ上にて掲載できる。

MarkeZine編集部[著]