日本には数多くの外国人が住んでいるが、こうした外国人の目に映る日本の姿とはいったいどのようなものなのだろうか。中国メディアの網易はこのほど、日本在住の中国人女性による手記を数多くの写真とともに掲載し、同女性が日本について、「心からリラックス」して生活できるなどと語っていることを紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本には数多くの外国人が住んでいるが、こうした外国人の目に映る日本の姿とはいったいどのようなものなのだろうか。中国メディアの網易はこのほど、日本在住の中国人女性による手記を数多くの写真とともに掲載し、同女性が日本について、「心からリラックス」して生活できるなどと語っていることを紹介した。

 記事はまず仮定の話として、「子どもをつれて旅行するなら、やはり日本を選ぶ!」と同女性が述べていることを紹介。その理由として、同女性が「日本は電車でもバスでも来るべきものは来るし、知らない場所を訪れても不測の事態が起きることもなく安心だから」と指摘したことを伝えた。

 さらに、外国人にとって日本はあくまでも外国であり、初めての環境でも安心して生活できるというのは「日本社会がそれだけ得難い水準に到達しているためだ」と指摘。また、「日本社会の得難い水準」の例として、中国から友人が訪日した際のエピソードを紹介、「友人が電車内にカメラを置き忘れてしまった」とし、金銭的な損失だけでなく、カメラの中に残っていた撮影した写真データがまるごと失われたことに友人は気落ちしてしまったとする一方、日本在住の中国人女性は「まったく慌てなかった」と紹介。

 日本では落し物が持ち主に無事戻ってくるという話を聞いていたためであるとし、半日もしないうちに「実際にカメラは友人の手元に戻ってきた」と紹介。中国人女性がまったく慌てなかったのは、「日本在住の経験から、日本でモノを失くすことは少ないことが分かっていたため」と報じた。

 さらに、中国では他人に騙される可能性があるとして、常に警戒し、緊張感をもって生活しなければならないとする一方、日本ではそうした警戒は不要であり、「心からリラックスできる」と主張。確かに中国では、日常生活であっても買い物で偽物を掴まされたり、お釣りで偽札を掴まされたりする可能性がある一方で、日本では日常的に騙されることを警戒する必要はない。

 また、日本でも時おり食品の偽装問題は起きるものの、スーパーでは一般的に安心して商品を購入できる。だが、中国ではこれまで食の安全を揺るがす数々の問題が起きているため、スーパーであっても、レストランであっても、食べ物に何が混入しているか、心から安心はできない状況だ。こうした日常において、心からリラックスして生活できることこそ、日本の良い点と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)