写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立ソリューションズは4月7日、情報漏洩防止ソリューション「秘文」と米Fortinetの「FortiGateシリーズ」を連携し、メールによる情報漏洩を防止する新たなソリューションを4月8日から提供開始することを発表した。

同ソリューションは、「FortiGateシリーズ」でマルウェア感染防止を強化するとともに、万一マルウェアに感染した場合でも、データは「秘文Data Encryption」の暗号化で守ることにより情報漏洩を多層的に防御するというもの。

具体的には、「FortiGateシリーズ」の秘文連携機能により、暗号化されていないファイルを添付したメール送信を遮断し、万が一、マルウェアに感染した場合でも、メールによる社外への情報漏洩を防止する。また、「添付ファイルの暗号化というメールの運用ルールを徹底すること」で、内部統制を強化できるという。

価格は、FortiGateシリーズが43万7000円から、秘文 Data Encryptionは、ライセンス購入型がクライアント当たり1万円、サブスクリプション型が年額5000円年となっている。

(辻)