H・ホーガン「セックス動画」訴訟、賠償金1億ドルをめぐる戦いは終わらない

写真拡大

ハルク・ホーガン氏の「セックス動画」を投稿したとして、先月1億ドル以上もの損害賠償金の支払いを命じられたGawker Media社。同社はそれに対し、4月4日(現地時間)再審の申し立てを複数請求し、真っ向から争う構えだ。公人である個人のプライヴァシーとメディア、裁判の行方はいかに。

「H・ホーガン「セックス動画」訴訟、賠償金1億ドルをめぐる戦いは終わらない」の写真・リンク付きの記事はこちら

元プロレスラーのハルク・ホーガンにとって“戦い”は手慣れたものだ。だからこそ、彼が友人の妻と性行為をしている動画をGawker Mediaのゴシップメディア『Gawker』が公開したことをめぐる1億ドル以上もの支払いを命じられた損害賠償訴訟でも彼が善戦することを、同社はわかっているはずだ。

Gawker Mediaとホーガンの法的な争いは、第2ラウンドの幕を開けた。

ニューヨークを拠点に『Gizmodo』や『Lifehacker』をはじめとするニュース・ゴシップ系ウェブサイトを運営するGawker Media(以下、Gawker)は4月4日(現地時間)、ホーガン氏のセックス動画公開が1億4,000万ドルに値するという評決に対し、2件の申し立てを提出した。

先月、フロリダの陪審団はGawkerがホーガンのプライヴァシーを侵害したとし、Gawker創業者であるニック・デントンと、同社のメディア『Gawker』の元編集者AJ・ダウレリオに対して、被害総額1億4,010万ドルを賠償するよう判決を下した。1億ドルを超える賠償金の支払いは、Gawkerのビジネスにとって相当な痛手となる。

関連記事:H・ホーガン「セックス動画」流出の損害賠償はメディアを潰すか

4月4日(現地時間)に提出された裁判文書で、Gawker側は「再審の必要性」を主張。仮に認められなかったとしても、巨額の損害賠償は無効か、大幅に減額されるべきとしている。Gawkerはこのほかにも陪審団の評決を覆すよう裁判官に要求する申し立ても提出しているという。

Gawker側がその根拠として一貫して主張しているのは「手違いによって、重要な証拠が提示されなかった」という点だ。また、同社は陪審員たちが「報道価値という基準をちゃんと知らされていなかった」という。

「われわれが潔白であることが証明されると期待しています」とGawker側は声明を発表している。「仮に評決が有効であったとしても、1億ドルもの賠償金を正当化する理由はない。被害者が亡くなったり重傷を負ったりしたケースでさえ、そんな高額な賠償金はないのだから」

裁判では終始、このセックス動画を投稿したのは「社会全体の関心事」であり、報道する価値があったためだとGawker側は一貫して主張し続けた。同社はこうした報道が「表現の自由」として守られるべきだとしている。

一方、ホーガンの弁護団は「投稿された動画はプライヴェートなものでそれが公開されたことにより、ホーガンは精神的苦痛を受けた」と主張し続け、陪審員の賛同にこぎつけ勝利をもぎ取った。

「わたしたちは一度勝訴したのです。再審でも同じように主張するつもりです」と、ホーガンの顧問弁護士デヴィッド・ヒューストンは述べる。「Gawker側が自ら行った行為に伴う責任を認めず、その姿勢を正すことができないのは明らかです」