Pupular Science:自宅に眠っている古いレコードを聴きたくなったら、用意するものは簡単。何の機械も、そして耳さえなくても音楽を聴ける方法があるのです。

必要なものは、サイエンス・エデュケーターであるSam Haynor氏の骨伝導方式と身近にある安い材料だけ!

Haynor氏はDIYで作ったターンテーブルを用意し、レコード針を木の棒に取り付けます。そして、その棒を歯で噛みます。針がレコードの上を動くとグルーヴが生じて、その振動が棒を通して歯と顎に伝わります。すると、脳がその振動を音として認識するのです! ぜひ、試してみてください。でも、ちょっとだけご注意を。歯を通して音楽を聴くのはどこか気持ち悪いと感じる人もいます。Haynor氏によれば「一体私に何する気なの!?」という態度を表す人もいるんだとか。嫌がる人にはほどほどに。

用意するもの


時間:15分
費用:1ドル(100円弱)
難易度:簡単


ツールと材料


安くて使い捨て可能なレコード

段ボール削った鉛筆エグザクトカッターペンチ輪ゴムグルーガン針木の棒マスキングテープ


やり方


段ボールの上にレコードを置いて型をとります。エグザクトカッターで段ボールをレコードのかたちに丸く切り抜いて、真ん中に×印の切り込みを入れます。

鉛筆の消しゴム部分についている金属のホルダーをペンチで外して、それを×印の切り込みに入れます。このとき1インチだけ先端を飛び出させておきます。鉛筆はレコードの軸となるので、周りを輪ゴムでくくって滑り止めします。そしてグルーガンで動かないように接着します。

テープで木の棒の先端に針を設置します。

レコードの穴を鉛筆に通して、段ボールの丸いターンテーブルに載せます。そして鉛筆を平らなところに置いたら、くるくると鉛筆を回してレコードを回します。

手で触れないように、針をつけた木の棒をくわえて、ゆっくり針をレコードの上に落とします。頭に音が聞こえてくるまでレコードに加える力やアングルを調整しましょう。

すると、どうでしょう? みなさんも、本当に音楽が聞こえるかどうかぜひ試してみてくださいね!


LISTEN TO RECORDS WITH YOUR TEETH|Popular science

Nicole Lou(訳:wasabi)
Photo by Jonas Smith/Flickr