5日、ロシアでこのほど、商店の壁に穴を開けて侵入し商品を盗んだ18歳の学生が逮捕された。この学生は警察の調べに対し「チョコ10個とビールとコーヒーを盗んだ」と供述したが、実際に盗んだのはチョコだけだった。資料写真。

写真拡大

2016年4月5日、ロシア中部のキセリョフスクでこのほど、商店の壁に穴を開けて侵入し商品を盗んだ18歳の学生が逮捕された。この学生は警察の調べに対し「チョコ10個とビールとコーヒーを盗んだ」と供述したが、実際に盗んだのはチョコだけだった。中国・環球網が伝えた。

4日付の露スプートニクによると、店の壁に穴が開いていることに気付いた店主が警察に通報し、警察の捜査でこの学生の犯行と判明した。学生はハンマーで3時間かけて商店の壁に穴を開け、中に侵入したことを認めた上で、「チョコ10個とビールとコーヒーを盗んだ」と供述したが、店主によるとビールとコーヒーの数は減っていなかったという。学生はうその供述をした理由について「恥ずかしかった」と話している。(翻訳・編集/柳川)