レーティング:ドルトムント 1-1 リバプール《EL》

写真拡大

▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグ、ドルトムントvsリバプールが7日にBVBスタディオン・ドルトムントで行われ、1-1で引き分けた。ドルトムントの香川はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ドルトムント採点

GK

1 ヴァイデンフェラー 6.5

51分のコウチーニョのシュートをビッグセーブで阻止

DF

26 ピシュチェク 5.0

失点場面ではオリジに対応できず、対面したコウチーニョにも苦戦

6 S・ベンダー 5.5

コウチーニョの対応に追われた

(→パパスタソプーロス -)

15 フンメルス 6.5

安定した守備を見せ、ビルドアップ時に質の高いパスを供給。同点ゴールを決めた

29 シュメルツァー 6.0

質の高い攻撃参加を見せた。流れの中でララナに仕事をさせず

MF

37 ドゥルム 5.0

コウチーニョとA・モレーノを監視する役割だったが、やや中途半端だった

(→シャヒン 5.5)

役回りがヴァイグルと被ってしまった

10 ムヒタリャン 6.0

フンメルスのゴールをアシスト。スペースを突いてチャンスを生んだ

33 ヴァイグル 6.0

前半はビルドアップを担ったが、後半はシャヒンとプレーが重なった

27 カストロ 5.5

攻守に奔走

11 ロイス 5.5

直接FKでゴールに迫ったが、さほど目立たず

FW

17 オーバメヤン 5.0

スペースがなく仕事ができなかった

(→プリシッチ -)

監督

トゥヘル 5.5

自身の先を行くクロップ・リバプールがやや上手だった

▽リバプール採点

GK

22 ミニョレ 5.5

枠内シュートは少なかった

DF

2 クライン 6.0

守備に専念してロイスを封じる

6 ロブレン 6.0

ソリッドな守備を続けた

17 サコー 6.0

身体を張ったプレーを続ける

18 A・モレーノ 5.5

ドゥルムの攻撃を許さず

MF

20 ララナ 5.0

失点場面ではフンメルスに競り負ける。攻撃面でも良さは出せなかった

(→フィルミノ -)

14 ヘンダーソン 5.5

ポジショニングに気を配りながらのプレー。負傷の影響か前半で交代

(→ ジョー・アレン 5.5)

ヘンダーソン同様、守備に気を使っていた

23 カン 6.0

アンカーの位置でバイタルエリアをケア

7 ミルナー 6.0

ムヒタリャンを監視し、相手の攻撃の威力を制限

10 コウチーニョ 6.0

好調を維持。左サイドからの仕掛けで脅威となる

FW

27 オリジ 6.5

ヴァイグルを監視する役割を果たしつつ、値千金のアウェイゴール獲得

(→スタリッジ -)

監督

クロップ 6.0

メリハリのある戦いぶりでアウェイゴールを獲得しての引き分けとした

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

オリジ(リバプール)

▽アウェイゴールを得ての引き分けに持ち込んだ観点からオリジを選出。なかなかボールが入らない中、個人技でアウェイゴールをもぎ取った。

ドルトムント 1-1 リバプール

【ドルトムント】

フンメルス(後3)

【リバプール】

オリジ(前36)