写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは4月7日、韓国大手通信事業者のKT Corporationと共同でスポーツ大会の会場となっているPhoenix Park Ski World(江原道平昌郡)においてKTの商用ネットワークを使い、70-80GHz(E-Band)帯域による無線伝送網での高速大容量伝送の実証実験に成功したと発表した。

KTは、2018年に5Gトライアルサービスの実現を目指しており、今回の実証実験は2015年8月に両社で締結された5Gネットワーク領域での協業に基づき実施。

KTは、光ファイバー網の敷設が困難なスキー場などの山岳部では、5Gネットワークの基地局間を繋ぐ伝送網として、E-Band帯域による無線伝送の導入を検討している。E-Band帯域は直進性が高く、大気による電波減衰の影響を受けにくいため、高速大容量伝送に適しているという。

NECは、今回の実証実験にE-Band帯域に対応した超小型マイクロ波通信システム「iPASOLINK EX」を提供することで、KTのLTE基地局間の接続を高速大容量な無線伝送網で実現し、実証実験の成功に貢献。また、iPASOLINK EXは耐環境性を有し、小型軽量でアンテナサイズも小さく、設置工事が容易なため降雪のあるスキー場でも、迅速に高速大容量伝送環境を実現したという。

今回提供したiPASOLINK EXは、256QAM(位相と振幅を変化させることで一度に8列のデジタル情報を伝達する変調方式)変調方式に対応しているため、光ファイバーと同等の最大3.2Gbpsの高速大容量伝送が可能。

さらに、E-Band内の帯域を複数のチャネルに割り当てることが可能な狭帯域(チャネル幅250MHz/500MHz)システムを採用しているため、隣接する伝送路の電波干渉を軽減し伝送帯域を効率的に使用できる。今後、両社は2018年の5Gトライアルサービスの実現に向けて、共同実験を引き続き行う方針だ。

(岩井 健太)