6日、環球網はタイメディアの報道を引用し、「今年1〜3月にタイで死亡した外国人観光客のうち、最多を占めたのは8人が亡くなった中国人観光客だ」と伝えた。写真はバンコク。

写真拡大

2016年4月6日、環球網はタイメディアの報道を引用し、「今年1〜3月にタイで死亡した外国人観光客のうち、最多を占めたのは8人が亡くなった中国人観光客だ」と伝えた。

タイの観光・スポーツ省が発表したもので、中国人の次に多かったのはメキシコ人の4人。以下、フランス人が3人、韓国、カナダ、クロアチア、ドイツ、ロシア、スコットランドがそれぞれ1人と報告された。また、中国人観光客は負傷者の中でも最多の21人を占め、うち12人は陸上での交通事故によるけがだった。

タイは中国人観光客に人気の旅行先で、昨年タイを訪れた中国人観光客の数は外国人観光客全体の4分の1以上に当たる790万人に達したと伝えられている。(翻訳・編集/野谷)