高橋真麻(中央)と阿佐ヶ谷姉妹

写真拡大

映画『グランドフィナーレ』の公開記念イベントが4月7日に都内で行われ、週刊文春によってイケメン恋人の存在を報じられたフリーアナウンサーの高橋真麻が、お笑いコンビの阿佐ヶ谷姉妹と一緒に登壇した。

[動画]この記事の動画/交際報道が出た高橋真麻、今の気持ちを歌で表現!

本作は、カンヌ国際映画祭をはじめ、世界中の映画祭で絶賛を浴びたイタリアの奇才パオロ・ソレンティーノ監督がメガホンをとった感動作。美しいアルプスのホテルを舞台に、引退した音楽家が、キャリアの最後に大輪の花を咲かせるべく、人生の全てをかけて大舞台に挑むまでの愛と葛藤が描かれていく。

映画の舞台のような高級ホテルに泊まった経験を聞かれた、俳優の高橋英樹を父に持つ高橋は「大学生の時に母親とイタリアにある、お城をホテルにしたところに泊まったことがありまして、そこはすごく神秘的で芸術的で思い出に残っています」と回答。

一方の阿佐ヶ谷姉妹は、阿佐ヶ谷で六畳一間のアパートに2人暮らししているそうで、「ホテルに泊まれるのなら、どこでも天国みたいなものです」「お仕事で泊まらせていただいたところは最高のねぐら」と話し笑いを誘った。

その後、囲み取材が行われ、恋人のどんなところに惹かれたかと聞かれた高橋は「お昼ご飯にカレーを2皿食べて、オヤツにラーメンを食べたいって言っても、付き合ってくれる優しいところです」と思わずのろけてしまい、隣で聞いていた阿佐ヶ谷姉妹からは「やさし〜い! いいわね」と興奮気味の感想が。

昨年末から交際がスタートしたそうで、「普通にデートとかもしていたんですけど、まったく報道されなかったので、彼とも、たぶん撮られているんだけど、このご時世、不倫とか浮気とか二股とかじゃないと報じられないと思った。出さないだけで写真誌のストックには入っているんだろうねって話していた」とコメント。報道陣を笑わせていた。

また、イベント中にも、芸能界を代表する歌姫である高橋と阿佐ヶ谷姉妹に、映画を見た感想を歌ってみてという難易度の高いリクエストが寄せられていたが、それに絡めて、「先ほども素晴らしい歌を聞かせてもらいましたが、今のお気持ちを歌にしてみて」という無茶ぶりに、高橋は必死に抵抗しつつも最後には「いつでも、2人は、シンデレラハネムーン〜。ようやく、私も、シンデレラハネムーン〜」と歌ってみせ、ノリのよいところを披露していた。

『グランドフィナーレ』は4月16日より新宿バルト9ほかにて全国公開となる。

【関連記事】
[動画]父・英樹と出演の高橋真麻、恋愛に関する質問攻めにもポジティブ対応
高橋英樹、娘・真麻の仕事ぶりに「自分の子育ては100点」と大満足
[動画]高橋真麻、近況を歌に。幸せ歌うも、足りないのは海に一緒に行く人!?
[動画]映画『グランドフィナーレ』予告編