6日、最優秀作品賞を受賞しながら、中国では「なかったこと」にされている話題の香港映画「十年」と同じタイトルのハリウッド映画が中国で大量にダウンロードされている。

写真拡大

2016年4月6日、最優秀作品賞を受賞しながら、中国では「なかったこと」にされている話題の香港映画「十年」と同じタイトルのハリウッド映画が中国で大量にダウンロードされている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

共産党の影響が強まった10年後の香港を描いたオムニバス映画「十年」は3日、香港のアカデミー賞・電影金像奨で最優秀作品賞を受賞。しかし、中国ではその内容が問題視され、授賞式のテレビおよびウェブ生中継が禁止された。中国メディアが発表した受賞リストの中からは、「最優秀作品賞」そのものが消滅している。

「見るな」と言われれば、ますます見たくなるのが人情だ。中国の動画配信サイト「人人影視」では、「十年」が検索ワード上位に急浮上。タイトルが同じハリウッド映画「十年(10 Years)」(12年)に人気が集中したものの、ダウンロードした人からは落胆と怒りの声が上がっている。これだけでなく、映画と勘違いして香港の歌手が歌った楽曲「十年」のMVまで大量にダウンロードされている。

あの手この手で視聴を試みる中国のネットユーザーたちだが、6日には動画共有サイトのYou Tubeに一時、本物の「十年」が登場。しかし、製作側の申し立てによりすぐさま削除されている。

製作側によると、You Tubeに登場したのは劇場公開版ではない原版だった。どのような経路で流出したのか分からず、非常に不思議だという。(翻訳・編集/Mathilda)