ちょっとしたコツで美髪に!美容師直伝「ドライヤーの使い方」講座

写真拡大 (全7枚)

髪を洗った後、ドライヤーを使って乾かすとき、「なかなかサロンでやってもらうようなきれいな仕上がりにならないなぁ」なんてことないですか?

実は、ちょっとしたコツでおウチでも“サロン帰りのような仕上がり”にできるドライヤーの使い方があるんです。

そこで今回は、美容師である筆者が実際に使っている、美髪に仕上げるための乾かし方のコツをお伝えします。

■サロン帰りの「美髪」になるドライヤーの使い方

今回は、毛先にブリーチをしており、ややダメージのある髪をモデルにします。

(1)毛先を保護するため、洗い流さないトリートメント(今回はオイルタイプ)を毛先を中心につけていきます。

(2)ツヤを出すために、表面にもつけていきましょう。

(3)クシでとかし、トリートメントがまんべんなく髪に行き渡るようにします。根元に付ける必要はありません。

(4)しっかり頭皮に指をあて、根元に風があたるようにします。特に襟足付近は乾きにくいので、重点的に乾かしましょう。

(5)根元がある程度乾いてきたら、トップ近辺の髪を左右に振りながら風をあてます。そうするとトップ近辺の髪がフンワリしますよ。この時も根元を意識して根元に風をあてるようにしましょう。

(6)根元を起こしながら少し引っ張るように持ち、根元に風をあてます。そうすることで毛先が内に入りまとまりが出ます。

■ココがポイント!表面にツヤを出す方法

最後に、表面をひっぱりながらなでる様に風をあてツヤを出していきます。

この作業が最終的な髪のまとまりに影響してくるので、丁寧に乾かしましょう。

仕上がりはこんな感じ!

いかがでしたか? これが“ハンドブロー”というもので、手をブラシのようにして乾かす方法です。

少しのコツを加えるだけで、簡単にきれいな髪に仕上げられますよ。ぜひやってみてください。

【筆者略歴】

板橋充 ・・・ 美容師。CLASICOサロン代表兼ディレクター。講習活動やヘアメイクも数多く手掛け、各種媒体へのスタイル記載も多数。“5秒でするべき髪型がわかる”という独自のカット理論には定評があり支持されている。