貯金はしっかりする。おひとりさまのライフプラン

写真拡大

「このまま結婚しないで、シングルライフを満喫する!」と決めたとき。

おひとりさまだからといって「子どもをつくらないぶん、貯金は少しでいい」という考えは甘いのです。

実は、おひとりさまが自由に使えるお金は、思ってるよりも結構少ないようです。その理由を、『「おひとり」を不安0で生き抜く女子貯金』(祥伝社)が教えてくれました。

「おひとりさま」は貯金しにくい?

「おひとり女子はファミリーに比べるとライフイベントが極端に少ない分、貯金へのモチベーションが上がりづらいという問題もあります。」

(本文P49より抜粋)

「一生独身でいこう!」と決めたあと、結婚費用も育児費用も必要ない! ラッキー!とかからない費用だけを見て浮かれるのはキケンです。

「貯金をするより、若いうちにたくさん遊んでおこう」という発想では、30年後に後悔するはめになります。

「子持ちの友だちと比べて自由!」という気持ちはわかりますが、海外旅行にバッグに、とお金を遣い放題の気持ちでいる場合は、一旦頭を切りかえて。

おひとりさまでも貯金だけはしっかり続ける、という固い意志が必要です。

自分の介護費用、ちゃんと払える?

おひとりさまに特に必要なのが、老後に使うお金。

「身内ではなく他人を頼るのであれば、当然お金がかかりますから、ファミリー世帯よりも多くの介護費用が必要になることもあるでしょう。」

(本文P47より抜粋)

お年寄りがひとり暮らしで借りれるマンションやアパートは少ないもの。自分の持ち家が無い場合、おひとりさまは介護施設など他人を頼るお金が必要です。

定年は60歳だとしても、年金を受給できるのは65歳。

その間の5年間はどうするかという問題や、そもそも私たちが60代になった時は、受給できる年齢が70歳に引き上げられる可能性もあります。

月にもらえる年金で自分の介護費用がまかなえるのか、何歳まで働けばどの程度もらえるのかなど、早いうちからねんきんネットで調べておきましょう。

貯金のために、ムダ遣いを見直そう

本書には、アラサーの耳が痛くなるこんなお言葉もありました。

「自分への甘やかしとしてありがちなのが、「自分へのご褒美」を頻繁に奮発してしまうことです。(中略)「自分へのご褒美」「自分磨き」には必ず上限をつけてください。」

(本文P153〜155より抜粋)

気分をアゲるため、自己投資を理由にして好きなだけお金を使っていれば、いつまでたっても貯金できるワケがありません。

気ままなシングルライフを目指すのであれば、今からでも少しずつお金の使いかたを見直すこと。

ファイナンシャルプランナーの資格をとれとまでは言いませんが、おひとりさまこそ明確な将来設計が必要です。

一番働けるアラサーのうちに、しっかり貯金しておきましょう。

撮影/出川光