苗を育てる魅力。スーパーフルーツから食虫植物まで

写真拡大

アマゾンが、2016年4月4日に「タネ・苗ストア」をリニューアルオープンしました。

ハーブ、花、野菜の種・苗、芝生など、約4万点も種、苗の品揃えがあります。

初心者でも家庭菜園が楽しめるよう、季節ごとの種や苗をピックアップして紹介したり、「トマト栽培マニュアル」など、植え付けやベランダ菜園の方法などのコンテンツも充実しています。

『ペアーフルーツ』



20160406_roomie_amazon6

1本の接木から2種類のフルーツが育つ「ペアーフルーツ」。受粉もこれ1つでOKなんですって。

「すもも&桃カップル」なら、ご自宅でもぎもぎフルーツ状態。秋が楽しみになります。すももも、ももも、もものうちです。

『食虫植物』



20160406_roomie_amazon
20160406_roomie_amazon2

「ヘリアンフォラ・ミノル」は小さめサイズ。家に虫が入ってきても、ミノルがいればもう安心ですね。

『オーガニックペットグラス』



20160406_roomie_amazon3

犬猫が食べると、胃にたまった草を吐き出させ、病気予防ができる「ペットグラス」。

そんなものがあるんですね。人間でも犬猫でも、サラダは健康によいのですね。

その他、アサイーなど人気の「スーパーフード」があったり、バルーンの中で育つ水やり不要の観葉植物「ボタニカルーン」もアマゾン限定で扱うんですって。

植物が家にあるだけで、育てる楽しみがあるだけでなく、空間が華やぎますね。春になって気持ちは新生活だし、今年はちょっと植物をに力を入れてみたいかも。

タネ・苗ストア[アマゾン]
hand holding bud on the balcony image via Shutterstock