台北市の柯文哲市長

写真拡大

(台北 7日 中央社)台北市の柯文哲市長は6日、今後内湖区と信義区を結ぶライトレール(LRT、軽軌)の建設について検討する予定であると明らかにした。内湖は近年開発が進み、台北メトロ(MRT)文湖線の混雑や主要道路の渋滞の深刻化が指摘されており、実現すれば交通環境の大幅な改善が期待される。

台北市政府捷運工程局ではかねてから内湖、信義両区を結ぶ新線建設の計画を進めていた。柯市長は全ての都市開発で交通整備を優先的に行う考えを示している。

(黄麗芸/編集:齊藤啓介)