社会人男性が聞きたいけど聞けない、奥さんや彼女のお金に関する疑問4つ

写真拡大

仲むつまじいカップルと言えど、相手の給料や貯金額など、気になるけどなかなか聞けないこともありますよね。女性としては、男性がパートナー女性のお金に対してどんな疑問を持っているかも気になるところではないでしょうか。社会人男性に調査してみました。

■貯金額

・「毎月どれぐらい貯金できているの?」(38歳/その他/技術職)

・「将来の結婚や生活設計を考えると、どれくらい貯金があるのかは気になるが、なかなか聞けない。相手の金銭感覚なども気になる」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「実際、1カ月の給料に対してどのくらい貯金ができているのか?という疑問」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「貯金の金額が自分のほうが少なかったらかっこ悪い」(28歳/情報・IT/技術職)

・「貯蓄の目標金額を知りたい」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

かなり多かった貯金額に関する回答。将来のための蓄えがどれくらいあるのか知っておきたい、という部分は、女性としても共感できるのでは? 「自分のほうが貯金額が少なかったらかっこわるい」という回答もありましたが、確かにそこを気にする男性も多いかもしれませんね。

■給料

・「お給料がいくらなのか」(29歳/金融・証券/営業職)

・「年収」(32歳/建設・土木/技術職)

・「給料をどれくらいもらっていて、貯金はいくらあるか」(27歳/その他/技術職)

・「お金の使い方を見れば、どのくらい貯金があるのか推測できますね。ただ、給料については聞けない」(26歳/小売店/営業職)

・「明細どうなってんの?」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

なかなかズバッと聞けない給料、やっぱり気になる男性は多いようです。月々の支出や貯金額などを推測するヒントにもなる給料。そういう意味では、「あまり知られたくない」と思う女性も多いのではないでしょうか。

■美容やファッション代

・「ファッションやスキンケアに使用している金額」(35歳/建設・土木/技術職)

・「化粧や美容にどれだけお金をかけているか」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「化粧品や衣服に、どのぐらいかけているのか」(31歳/情報・IT/技術職)

・「化粧品・ファッションにいくら使ってるの?」(37歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

男性にとって未知の領域である美容やファッション代。気にはなるけど、なかなか聞けない男性が多いようです。女性としては、そのまま深くつっこまないでいてほしい部分ではないでしょうか。男性にとっても、「知らぬが仏」ということもあるかも?

■飲食、交際費

・「1カ月にかける飲食代はいくら?」(36歳/情報・IT/技術職)

・「外食はどれくらいの頻度でしているの?」(27歳/農林・水産/技術職)

・「飲み会の月々の金額」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「友達への結婚祝いや出産祝いにいくら使ったか」(27歳/その他/経営・コンサルタント)

飲み会やお祝いなどの交際費、社会人にとってはなかなか切り離せない支出ですよね。パートナー女性が、そこにどれくらいかけているのか気になるという意見が複数。確かに、相手の金銭感覚を判断するポイントでもありますよね。

■こんな疑問も

・「特異な趣味とかに、どれ程つぎ込んでるのか」(29歳/学校・教育関連/その他)

・「子どもの何に使っているか?」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「なぜ浪費してしまうのか。お金に無頓着で困る」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「へそくりはどのくらいあるか」(28歳/情報・IT/技術職)

そもそも何にどれだけお金を使ってるの?と、パートナー女性の浪費を心配する男性も多くいました。また、「へそくり」をしているのか気になるという声も。いずれにせよ、謎に思っていながらも、なかなか女性に追求できない男性は多いようですね。

■まとめ

いかがでしたか? 男性はパートナー女性に対して、なかなか聞けないお金の疑問をいろいろと抱えているようですね。女性としても、男性のお金の使い道や貯金など気になることってありますよね。気軽に話題にするのは難しいかもしれませんが、お互いどちらも聞き出せずにもやもやするよりは、たまには2人の将来のためにじっくり話し合うことも必要なのかもしれませんね。あなたはどう思いますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数118件(22歳〜39歳の働く男性)