理解できる!? 趣味に情熱をささげる男性たち……! 何にいくら、そして何年費やしたのかを徹底調査!

写真拡大

あなたのまわりにも、きっと1人くらいは「趣味に情熱をささげている男性」がいるはずです。女子からすると、「え、そんなものに大金を……!?」なんて思ってしまうこともありますよね。世の中の男性たちに、これまで「お金や時間を投資してきたな」と思う趣味について、教えてもらいました。正直女性には理解できない!? オトコの世界をのぞいちゃいましょう。

■乗り物

・「車。免許を18歳で取得してから、車購入費や維持費などで1,000万円程度」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「バイク。7年くらい。月あたり1万円程度のガソリン代を使っている」(33歳/情報・IT/技術職)

・「ヨット。7年間ほぼ毎日海に出ていた」(27歳/その他/経営・コンサルタント系)

お金のかかる趣味の定番といえば、やはり乗りもの系でしょう。こだわる男性は、確かにカッコイイものです。とはいえ費やした「金額」を知ると、若干引いてしまうかも!?

■ゲーム

・「GREEのソーシャルゲーム。3年くらいやりました。課金した金額は10万円超です」(32歳/金融・証券/営業職)

・「ゲーム。小学校のころからずっとゲームにハマっていて、ゲームばかり買っているので、何百万円かは使ってそう」(36歳/情報・IT/技術職)

据え置き型、携帯型、そして現代は、さらに手軽なソーシャルゲームまで登場し、多くの人の心をつかんでいます。ゲームだって立派な趣味のひとつですが、課金はほどほどでお願いしたいですね。

■コレクション

・「某ブランドのアンティーク置物。暇さえあればいろいろ調べてかなり時間も割いていた。金額は本来の価値の半分以下で入手していたが、まとまると大金……」(38歳/その他/技術職)

・「ONE PIECEのフィギュア、7年間収集している」(27歳/農林・水産/技術職)

コレクション好きな男性は、意外と多いもの。彼がコレクタータイプなら、同じ世界を理解して堪能してみることが、うまくやるためのコツなのかもしれません。

■楽しい経験

・「4年前〜3年前にかけての年末のカウントダウンライブ。交通費、宿泊費まで入れたら4日間行って8万円ほど使った。その年は、ほかにも野外フェスなどにも行き、ほとんどのお金をライブに使ったけど、『楽しかった』とすごく思います」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「海外旅行。5年200万円くらい」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

こちらは「もの」ではなく「経験」にお金を使う男性たちの意見です。自分の視野を広げるための支出を、思う存分できるのは、この時期だけの特権かもしれません。楽しい思い出は、お金には変えられないですよね。

■スポーツ

・「陸上競技を20年以上続け、遠征費や用具代などで500万円以上は今までに支出してきた」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ラートというスポーツ。大学からやっていて社会人になってから道具を購入した。1台約20万円。今では嫁用のもある」(31歳/電機/技術職)

こちらは非常に健康的! スポーツだって、真剣にがんばろうと思えば何かとお金がかかってしまうものです。とはいえ、一生楽しめる趣味として考えれば、高いものではないのかもしれません。

■ギャンブル

・「競馬。8年で500万円ほど」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

ちょっと心配になってしまうような意見もチラホラ。ギャンブルは依存性が高いと言いますからね。もちろん勝ちもあるのでしょうが……将来を考えるときには不安要素となりそうです。

■まとめ

女性にはちょっと理解しづらい(!?)男性たちの趣味の世界はいかがでしたか? 確かに趣味にはお金だってかかるもの。しかし、趣味がない男性というのもちょっと……と思ってしまいますよね。相手の趣味に理解を示し、そして興味を持つことで、視野ももっと広がっていくのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳〜39歳の働く男性)