人はロボットの「秘部」に触れると「興奮」するという研究結果

写真拡大

人はロボットの「秘部」に触れるとき、手や首に触れたときより興奮するという研究結果が、スタンフォード大学のチームによって発表された。ロボット「Nao」を使った実験動画も紹介。

「人はロボットの「秘部」に触れると「興奮」するという研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

人は、ロボットの「秘められた部分」に触れると興奮するという研究結果が発表された。

この研究を行ったのはスタンフォード大学のチーム。6月9日から日本の福岡で開催される国際コミュニケーション学会(ICA)第66回年次会合で詳細を公表する予定だ。

この研究では、アルデバラン・ロボティクス(ソフトバンクが95パーセントの議決権を所有するフランスのロボット企業)が開発したロボット「NAO」の体13カ所に被験者が触れるという実験が行われた。

被験者の利き手と反対の手にセンサーを取り付け、発汗状態が検知できる「皮膚コンダクタンス反応」と反応時間を測定した。

研究チームによると被験者たちは、NAOの尻や生殖器などの「秘部」(にあたる場所)に触れるとき、「手や首に触れたときより心理的に興奮」した。しかも、秘部に触れるときの方が「ためらい」を見せていた。

研究に参加したジャミー・リーは「われわれの研究が示しているのは、ロボットが新しいかたちのメディアであり、非常に強力な存在であるということです」と話す。「他人の秘部に触れることに関する社会的な慣習がロボットにも当てはまるということです」

英国デモントフォート大学の研究員で、セックスロボット撲滅キャンペーン(CASR)に参加するキャスリーン・リチャードソンは『WIRED』UK版の取材に応えて、興奮には「『皮膚コンダクタンス反応』と『反応時間』以上」の意味があると指摘した。

「すべての被験者は、ロボットに触れる以前に、自分や他人の体に触れるという経験をしています。そのため、想像が膨らんだのでしょう」とリチャードソン氏は説明する。「今回の研究は、人の性的関心はパブロフの犬的な単純な条件反射ではないことを証明したのかもしれません。しかし、人の欲望はもっと複雑です。被験者が示したのは性的な反応であるとは限りません。たとえば汚らわしさや危険を感じて生理的に反応した可能性もあります」

リチャードソン氏が参加する団体CASRは、精巧な「セックスロボット」製品が開発されている現状を批判し、人とロボットの性的な関係は「人の生きた体験を阻害する可能性がある」と主張し、大きな注目を集めている

CASRのウェブサイトには、「われわれはロボットの権利の拡大を提案しているのではありません」と書かれている。「ロボットは意識のある存在であると考えているわけではありません。ロボットは人の意識と創造性の産物であり、製造からデザイン、用途にいたるまで、人の力関係が反映されているというのがわれわれの考え方です」

「だからこそ、男女不平等の一因となるようなロボットを開発するすべての行為に反対します」

なお、ソフトバンクとアルデバランが共同で開発し、2015年7月に発売された人型ロボット「Pepper」は、人の感情に反応する「ソーシャルな相棒」だが、その規約には「性行為を禁止する」という条項がある(日本語版記事)。具体的には、「性行為やわいせつな行為」、「ストーカー行為」を目的としたプログラムの作成、「性的、暴力的、わいせつなアプリケーションまたは動作の開発」などが禁止されている。