第2ポットの日本は韓国と別組に…W杯アジア最終予選のポット分け決定!

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。これにより、ロシアW杯アジア最終予選のポット分けが決定した。12チームが6チームずつ2組に分かれる最終予選の組み合わせ抽選会は今月12日に行われる。

 今回発表されたFIFAランキングを基に、12チームがランキングの高い順に2チームずつ第1ポットから第6ポットに振り分けられ、組み分けを決定。同じポットに入った2チームは別グループとなる。

 2次予選のグループEで首位突破した日本は、アジア2位から4位に後退し、第2ポットに振り分けられた。これにより、アジア3位となった韓国と別グループとなることが決定した。また、第1ポットにはイランとオーストラリアが入っている。

 最終予選は9月に開幕し、各組上位2チームがW杯出場権を獲得。各組3位チーム同士がプレーオフを行い、その勝者が北中米カリブ海予選4位チームとの大陸間プレーオフに臨む。

 以下、アジア最終予選ポット分け(カッコ内はFIFAランキング)

▽第1ポット

イラン(42)

オーストラリア(50)

▽第2ポット

韓国(56)

日本(57)

▽第3ポット

サウジアラビア(60)

ウズベキスタン(66)

▽第4ポット

UAE(68)

中国(81)

▽第5ポット

カタール(83)

イラク(105)

▽第6ポット

シリア(110)

タイ(119)


●ロシアW杯アジア2次予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧