7日、韓国メディアによると、慰安婦像が設置されている米カリフォルニア州グレンデール市の市長が、慰安婦問題解決に向けた日韓政府の合意を支持するとの意思を表明した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年4月7日、韓国・聯合ニュースによると、日本軍慰安婦少女像が設置されている米カリフォルニア州グレンデール市の市長が、慰安婦問題解決に向けた日韓政府の合意を支持するとの意思を表明したことが分かった。

日本メディアの報道によると、グレンデール市のナジャリアン市長は5日(現地時間)に開かれた市議会に出席し、慰安婦問題を最終的・不可逆的に解決するとした日韓合意について、「外交上の成功を歓迎する」「両国の行動で解決することをうれしく思う」「オバマ大統領も先週、両国の首脳と会い、合意を改めて支持した。グレンデールも支持する」などと述べた。

5日に任期満了日を迎えたナジャリアン市長は、「日韓合意を支持する決議案を採択しようと、駐ロサンゼルス日本総領事の了解を得たが、韓国側の了解はまだ得られていないため、次期市長に引き継ぐ」と説明した。ナジャリアン市長は2013年7月、グレンデール市への慰安婦像設置の賛否を問う投票で賛成した人物。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「韓国人はもっと慰安婦問題に関心を持たないと!被害者を排除した日韓合意の無効を叫ばなければならない!」

「被害者を無視して合意。法治国家のすることか?」

「安倍首相が韓国に来て、被害者らの前でひざまずいて謝罪するべき」

「日本は慰安婦問題で多大な損害を被っただろうね」

「韓国政府は国際社会の場で慰安婦問題に言及しないと約束した。もうどうすることもできない」(翻訳・編集/堂本)