ロードスター NR- Aモデルによる、ナンバー付きワンメイクレースシリーズ「 ロードスター・ パーティレース 」 をご存知ですか?

1

2002年から行われている、ロードスター・ パーティレース。マツダ・ ロードスターNR- A グレード車によるワンメイクレースで、ロールケージなどの安全装備を装着するだけの登録ナンバー付き車両が対象のため、日常使用している愛車でレースに参加する事ができちゃうんです。

また、「接触するとノーポイント 」などのマナー重視の規則が設けられているので、レース初心者でも安心して参加する事ができます。

更に、これまでは筑波サーキットを中心に年間5戦が組み込まれていましたが、本年から北日本( スポーツランドSUGO ) ・ 東日本( 筑波サーキット ) ・ 西日本( 岡山国際サーキット ) の各地域でシリーズ戦を開催。一番近いサーキットのレースに参加できるので、今まで遠くて参加できなかったという方でも参加しやすくなりました。

ル・ マン24時間耐久レースに日本人として最多出場記録をもつ“ ミスター・ ルマン ” こと、寺田陽次郎さんが若手ドライバー育成を目的に結成したTeam TERRAMOSも参戦します。

「全車イコールコンディションなので公平なレースとなり、ドライバーの腕1本の勝負になるのが最大の魅力。このレースを通して、レーステクニックとスポーツマンとしてのマナーを学んでほしい。」と寺田さんはお話しされていました。

それでは、 Team TERRAMOSから参戦する3人のドライバーを紹介したいと思います!

なんと、普段は外科医の梅田選手。

「 小さい頃からレース・ 車に興味がありマツダ車に乗って、スポーツ走行をしていた。昨年はシリーズランキング2位で悔しい思いをしたので、今年はチャンピオンを目指したい。 」 と意気込みを語っていました。

Team TERRAMOS唯一の女性ドライバー、藤井選手。

「 今年はデビュー戦なので、成長をみてほしい。“ レース女子 ” として、レースを活性化したい。」 とのこと。

女性ドライバー、かっこいいですよね。同じ女性として、憧れます。

「 富士スピードウェイでスポーツ走行をしていた。その帰り道、彼女を乗せて峠を走っていた所、寺田さんに出会いレースに出られる事になった。シリーズチャンピオンを目指して頑張りたい。」 と寺田さんとの衝撃的な出会いも語ってくれた鎌倉選手。

寺田さんいわく、鎌倉選手はかなり派手な車に乗っていて最初は暴走族かと思ったのだとか。でも、ドライビングテクニックが素晴らしかったのでスカウトしたそうですよ。

Team TERRAMOSの皆さんと記念撮影。とても和やかな雰囲気で、既にチームワークはばっちり! という感じでした。今シーズン、シリーズチャンピオンを目指して頑張ってほしいです。

なんと私、藤井選手の車の運転席に座らせてもらえたのです!

レースカーはもちろん、ロードスターに乗る事も初めてだったのでドキドキしゃいました。

 

一番興奮したのは、こちらのフルハーネス。装着も取り外しも簡単なのですが、装着してみるとしっかりと体が固定されました。

もちろん、ロールバーも付いてます(ロールバーで遊んでいるわけではありませんので、ご安心を)。

レースカーは外見も、内装も全てかっこいい! 今回乗せてもらい、少しだけドライバー気分を味わう事ができました。藤井選手、ありがとうございました。

「純粋にレースを楽しみたい大人たちへ」 をコンセプトに開催される、ロードスター・ パーティレース。また、マツダはこのレースを通して「レースの楽しさを広め、レース文化を広めたい」と考えているそうです。

レース用に開発されたロードスターNR-AとJAF国内Aライセンス、あとはやる気さえあれば、誰でも参加できます。

レースに興味のある方、ロードスターが大好きな方、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

(yuri)

F1女子が探る! 寺田陽次郎のTeam TERRAMOSも参戦するロードスター・ パーティレースの魅力とは?(http://clicccar.com/2016/04/07/364710/)