秘密主義の宅配業界の現場とは?(イメージ)

写真拡大 (全3枚)

 現代のインフラとも呼ばれる宅配便ビジネス。その最大手であるヤマトHDに、全く違った角度から光を当てた2冊のノンフィクション作品『小倉昌男 祈りと経営』(森健・著、小学館ノンフィクション大賞受賞作)と『仁義なき宅配』(横田増生・著)。話題書の著者2人による異色対談の第2回は、宅配業界のタブーに迫る取材手法に話題が及んだ。(全3回中、第2回)

──横田さんのご著書では、ヤマトの巨大物流ターミナル「羽田クロノゲート」への潜入取材を敢行されています。そうした取材手法が必要になる、つまり物流業界、宅配業界は秘密主義が強いという印象を受けました。

森:僕はそもそも物流業界に詳しいわけではないのですが、横田さんのご著書にもあったように、本当に語られていないことが多い業界だと思いました。

横田:物流業界は「お客様(荷主)のことは話せません」というのが鉄則なので、業績の根幹であるはずの運賃のことを尋ねたとしても、そのお金がどこから入ってきたのかは絶対に教えてくれません。

森:それは昔からですか?

横田:そうです。物流業界紙が書いてはいけないのは「荷主の名前」と「運賃」のことです。宅配便は料金が公になっていますが、たとえば、企業から受けた荷物の東京―大阪の幹線輸送の運賃を業界紙に書いたりとすると、いろんなところからクレームが入りました。

 私が物流業界紙『輸送経済』の編集長をしていたときには、「君は『水は低きに流れる』って知っているかね? 業界紙に東京―大阪の運賃を7万円と書かれたら、それより高い運賃をいただいている荷主さんから、値下げの話が来るんだよ。だから、運賃のことは書いてもらっては困るんだよ」というクレームを受けました。

森:そこで横田さんにお伺いしたいのですが、横田さんの『潜入ルポ アマゾン・ドット・コム』でもそうでしたが、ここまで秘密が多い業界なので、『仁義なき宅配』も最初から「潜入取材」という方法を念頭に置いて企画を立てられたのでしょうか? それとも、取材をしていくうちに、潜入取材をやらざるを得ないということになったのでしょうか?

横田:それは、初出掲載誌である『SAPIO』の担当編集者に原因があるんですよ(笑い)。ヤマト運輸も佐川急便も、正面からの取材を断られたので、担当編集者に「ここまで断られたら何も取材できないので違うテーマに変えませんか?」と提案したら、「ダメです、このテーマでやります」と。でも、宅配便で働くドライバーを何十人と取材したところで、数万人の中の一部の話でしかない。

 そこで、宅配便の仕分け拠点(ベース)であれば潜入取材ができるということに気がついたんです。だから担当編集者がテーマを変えてくれたら、あんな辛い思いはしなくてもよかった(笑い)。

森:その後、体調を壊されたという記述を読んで、本当に大変な取材だと思いました。

横田:宅配便は深夜労働がなくては回らないので、その現場に潜入しないと意味がないと思ったのですが、その結果、睡眠障害になりました。

森:鎌田慧さんの『自動車絶望工場』(1973年)の系譜である潜入取材という手法は、最近、あまりやる人がいませんが、今日のノンフィクションを考える上で、見直されるべき手法だと思いました。現場に飛び込んでいく取材というのでしょうか、本当は、僕らよりも若い世代の書き手に挑戦してほしい取材方法です。

横田:当初は簡単に取材を受けてくれるものだと思っていました。僕がヤマトに取材を申し込んだのは2014年の初頭でしたが、クール宅急便に関する不祥事(全国約200か所の営業所で温度管理ルールが守られていなかった。2013年10月に発覚)の後だったので、「まだ禊(みそぎ)が終わっていないので、あと1年くらいは取材を受けられません」と断られました。

森:僕も同じような理由で取材を断られました。

横田:それなのに、日本経済新聞の取材には答えている(笑い)。取材を申し込んだ当日の日経新聞には、宅急便の値上げの記事が1面トップに載っている。そのことをヤマトの広報に指摘したら、「これは日経が勝手に取材して書いたんだ」と。しかし、その翌日の日経新聞を見たら、当時ヤマト運輸の社長だった山内雅喜さんのインタビューが載っていた……。まあ、誰の取材を受けるかどうかは、向こうの都合ですからしょうがない。ただ、潜入取材をしたからこそ、その後、ヤマトの広報も公式な取材を受けてくれたんだと思います。

 潜入取材の際に、センターに置いてあった広報誌や労組の会報に載っていたいくつかの数字を見ることができたので、そうした数字を加えて再度、ヤマトの広報に取材を申し込んだら、「え、まさか潜入取材をされてるんじゃないですよね?」と言われました。そのときはとぼけて「いろんな手段で情報を入手させていただいております」と答えたのですが、その後、私のことを調べたんでしょうね、潜入取材から1か月くらいたって長尾裕さん(現在のヤマト運輸社長)の取材がOKになって出向くと、インタビューの中で「横田さんは潜入しているからわかっていると思いますが……」と何回か言われたんです。

 森:2015年の秋頃、小学館ノンフィクション大賞をいただいた後、ヤマトの労組の方にお会いしたら、横田さんの本の話になって、「彼が羽田クロノゲートで働いているっていう話は、私の部署にも報告が来ましたよ」と仰っていました。なので、ヤマトとしても、どう書かれるのか想定した上で、横田さんを野放しにしていたところもあるのかもしれないですね。

横田:それは知りませんでした。ヤマトも潜入取材だけで書かれるよりは、ちゃんと取材を受けておいたほうがいいと判断したのではないでしょうか。

【プロフィール】
横田増生(よこた・ますお)/1965年、福岡県生まれ。ジャーナリスト。物流業界紙『輸送経済』の記者、編集者を務めた後、1999年よりフリーランスに。著書に『仁義なき宅配』『ユニクロ帝国の光と影』などがある。

森健(もり・けん)/1968年、東京都生まれ。ジャーナリスト。早稲田大学在学中からライター活動を始め、1996年よりフリーランスに。著書に『小倉昌男 祈りと経営』『「つなみ」の子どもたち』などがある。

(第3回へ続く)

■取材・構成/ツカダマスヒロ