写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の山田孝之が、5月27日発売予定のPS4・PS3・PSVita専用ソフト『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』に声優として出演することが明らかになった。

山田が演じるのは、主人公であるラゼルとテレシアの幼なじみ・ツェザール。王子でありながら軍の総司令官を任されるほどの実力者で、若き人格者として慕われる一方、カッとなると手がつけられなくなる面をもつキャラクターであるという。公開された動画にも、彼のそんな一面が垣間見える場面が描かれている。

「ドラゴンクエスト」のナンバリングタイトルをすべてプレーしているという山田は、「初めて遊んだ『ドラゴンクエスト后戮蓮▲后璽僉璽侫.潺灰麋如▲廛譽ぅ好董璽轡腑麋如▲縫鵐謄鵐鼻DS版と何回も遊んだので、特に思い入れがありますね。何回も遊んだのに、やるたびにビアンカと結婚しちゃうんですよ。次こそはほかの相手をと思うけれど、結局できない。必ずビアンカ(笑)」と、当時多くのプレーヤーたちを悩ませた"究極の選択"に、同様に苦しんできた経験を明かす。

前作『ドラゴンクエストヒーローズ』のプロモーションでプロデューサーの青梅亮太氏と対談した際に、冗談で出演の希望を伝えていたという山田。「ですので、今回本当にオファーをいただいた時は驚きました」と実現するとは予想していなかったようで、「しかも、演じたツェザールという役がとてもカッコいい役でしたので、ビジュアルを見た時点ですごいプレッシャーを感じました」と語る。

実際の収録については、「ゲームのキャラクターを演じること自体が初めてで、これでいいのだろうかと迷いながらの収録でしたが、堀井さんが横で『いいです、いいです』と笑顔で見守っていてくださったのがうれしかったですね」とコメント。「『やはり貴様には俺の美学はわからんようだな』とか日常ではなかなか言えないようなセリフがたくさんあって、演じていて楽しかったですね。『イオナズン!』と思い切って呪文を唱えられたのは、とても気持ち良かったです」と振り返った。

(C)2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.