世界から8万人の学生が殺到する?(※イメージ)

写真拡大

 ワークスアプリケーションズのインターンシップは、自分の頭で考える力を徹底的に鍛える。エリートの卵たちが注目するそれは、学生たちに思考の変革を起こしている。

 昨年のクリスマスイブ。大阪市内の住宅街にある花屋の2階で、テーブル上のノートパソコンを6人がのぞき込んでいた。このうち3人は、ここに事務所を構えるNPO法人Co.to.hana(コトハナ)の職員。彼らに向き合う3人が、2カ月半かけて開発した、ある業務システムの使い方の説明を始めた。

 その一人、吉永稔弘さん(23)が、金券に刷られたバーコードに、読み取り端末をかざしたときだ。「ピッ」と電子音がすると、パソコンの画面に〈先ほど読み込んだものと同じです〉というバナーが出た。「おおー」と、見守る5人が声を上げる。吉永さんたちが組んだプログラムが、不適切な操作を正しく見抜いたのだ。会員登録の仕方や領収書の発行方法を約1時間かけて、一通り説明した。

 吉永さんたち3人は、まだ学生だ。彼らだけではない。当時開発に携わった6人のメンバー全員が学部生か大学院生で、大半が今年、就職活動に臨む。彼らは、インターンシップの一環でこうした開発に挑戦した。 自分の頭で考え、理想の答えを導く能力を引き出す──。そんな場を学生たちに用意しているのが、ワークスアプリケーションズ(東京都、牧野正幸CEO)。

 この会社は会計や人事管理、給与計算など企業向けの業務システムで国内シェアトップのベンチャー。最も力を入れる分野の一つがインターンシップに代表される人材育成なのだ。

 ワークスのインターンで学生たちは、自分の頭で考え抜く能力を徹底的に鍛えられる。学生たちの間でもその評価は高く、2015年は全世界から約8万人が参加を希望。論理的思考力を測る独自の筆記試験やグループディスカッションなど、複数段階の選考を経て、選ばれたおよそ2500人が実際にインターンに臨んだ。

 参加者の大学は国内の有名大学に加え、インド工科大学、中国の清華大学や北京大学、シンガポール国立大学などで、世界のエリートの卵も多い。 インターンのうち、一定の水準を満たした成績優秀者には、期限内ならいつでも同社に入社できるパスが手渡される。例年、パスを手にするのは参加者の1〜3割。パス保有者のなかから、実際にワークスに入社するのは、6割程度という。

「自社の採用という観点から見れば、こうしたインターンシップは効率が悪いのかもしれない。しかし私たちは、現在の学校教育の枠内では、ビジネスの最前線で活躍するイノベーターは育成できないのではないかという問題意識を持っている。採用のためでなく、日本全体の人材育成の場としてインターンを考えているんです」と、広報担当の金田裕美さん(29)は話す。

 春と夏に行われる通常のインターンでは、「世界の美術館で働く人がワクワクするアプリを考えよ」など、与えられた課題に応じた解決の方法を考える。20日間の期間中は、ワークスのトップレベルのエンジニアらも加わり、学生たちは彼らと議論しながら多彩な問題解決の方法を身につけていく。ただ、パソコンの前から離れることはない。

 そこで、より実践に踏み込んだのが、通常のインターンの内容をさらに推し進めた、ワークス独自の「エクスターンシップ」だ。15年は、インターンで、特に優れた評価を得た25人が参加した。冒頭の吉永さんたちが今回取り組んだのもそれ。今回は、Co.to.hana を含めて三つのNPO法人がワークスに協力した。

 学生たちは、これらNPO法人のもとを訪ねてヒアリングを行い、事業のどの部分でどんな課題があるか、その解決のために自分たちが提供できるサービスや製品は何か、といった課題をみつけることから自分たちで行った。決められたプログラムをこなすのではなく、まさにビジネスを一から実践する形だ。エクスターンシップを企画した同社の森田剛史(よしふみ)さん(29)は言う。

「『仮想』の世界から抜け出して、イノベーターを発掘したい。そのために、学生たちには社会に出る前に、自分の手で価値を生み出し、世の中に問う経験をしてほしいと考えたんです」

(アエラ編集部)

AERA  2016年4月11日号より抜粋