ハイレゾをオシャレに聴ける5色をラインアップ

写真拡大

ソニーは、「h.ear(ヒア)」シリーズからワイヤレスポータブルスピーカー「h.ear go SRS-HG1」2016年4月16日に発売する。

独自開発の約35ミリ径、CDを超える高音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源対応フルレンジスピーカーユニットを搭載。ハイレゾ対応スピーカーでは世界最小サイズを実現したという。

Bluetoothでハイレゾ相当の音質伝送が可能なコーデック「LDAC」に対応。迫力ある低音域再生を実現する「EXTRA BASS」機能、MP3など圧縮音源をアップスケーリングしてハイレゾ相当の高音質で楽しめる「DSEE HX」などを搭載する。

定額制音楽配信サービス「Google Play Music」や「TuneIn」などインターネットラジオを楽しめる「Google Cast」を備える。アプリケーション「SongPal」をインストールしたスマートフォンを利用し、ホームネットワーク内の複数の対応機器を一括操作・連動できる「SongPal Link」に対応する。

カラーはビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンクの5色。

直販サイト「ソニーストア」での価格は2万7380円(税別)。