宮崎吾朗監督初のテレビアニメ「山賊の娘ローニャ」が最優秀作品賞を受賞

写真拡大

ドワンゴは、同社とNHK、NHKエンタープライズが制作するテレビアニメシリーズ「山賊の娘ローニャ」(全26話)が、「第4回 国際エミー賞・キッズアワード」 (The Fourth International Emmy Kids Awards) のアニメーション部門で、最優秀作品賞を受賞したと発表した。

国際エミー賞は、テレビ界のアカデミー賞と呼ばれる「エミー賞」の国際版で、アメリカ以外の国で制作された優れたテレビ作品に贈られる。この度、最優秀作品賞を受賞した「山賊の娘ローニャ」は、「長くつ下のピッピ」で世界に知られるアストリッド・リンドグレーンの児童文学を原作に、宮崎吾朗監督が手掛けた初のテレビアニメシリーズ。2014年にNHK BSプレミアムで放送がスタートし、2016年4月8日からはNHK Eテレでも放送が開始される。

■テレビアニメ『山賊の娘ローニャ』監督・プロデューサーによる、受賞コメント
●宮崎吾朗監督:
「子どもたちに見て欲しくて、取り組んだ作品なので、この賞はとても嬉しいです。全ての関係者、スタッフ、そして家族に感謝し、この喜びを分かち合いたいです。本当にありがとうございました」

●川上量生プロデューサー:
「CGアニメが未経験の宮崎吾朗監督が手描きのアニメの画風を3DCGで再現することに挑戦したことは大きな賭けでした。しかし、この賭けはスタジオジブリ作品に代表される良質の日本アニメの伝統を将来にわたっても受け継ぐためにはどうしても必要なものでした。ローニャの受賞はこの試みが成功したことのなによりもの証明となるでしょう。本当に嬉しく思います」

■テレビアニメ「山賊の娘ローニャ」受賞歴
・シカゴ国際映画祭テレビ賞:アニメシリーズ部門 金賞
・ワールド・メディア・フェスティバル:
 アニメーション部門 グランド・アワード(部門1位)
 アニメーション部門 アニメ&マンガカテゴリー インターメディア・グローブ金賞
 (カテゴリー1位)
・「第20回アジア・テレビジョン・アワード」:ベスト2Dアニメーション(カテゴリー1位)
・「第8回 DEGジャパン・アワード/ブルーレイ(TM)大賞」:審査員特別賞
・「第4回 国際エミー賞・キッズアワード」:アニメーション部門(最優秀作品賞)

■第4回 国際エミー賞・キッズアワード 受賞作品ページ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・前田敦子主演「毒島ゆり子のせきらら日記」第1話をニコ生で先行放送
・ガリガリ君35周年を記念してガリガリ君史上初となる実写CMを公開!
・確かにぐっすり寝てました!日産「赤ちゃんのためのドライブミュージック」効果説明ムービーを公開
・「ビッグマック」をサイズアップした「グランド ビッグマック」、「ギガ ビッグマック」が登場
・大人の好きなキャラクターは「トトロ」。マクロミル調べ