基隆市政府提供

写真拡大

(基隆 7日 中央社)子供たちに港町・基隆市の文化を伝えようと、同市は3月27日から基隆海洋童話フェスティバルを開催している。台湾鉄路管理局では同地にまつわる文物や特徴的な建物などを車体にラッピングした特別塗装列車を運行し、魅力をアピールしている。

フェスティバルでは音楽会や児童演劇などを実施。今月24日などには特別列車内で地元高校の生徒が楽曲の演奏などを通して基隆を紹介するイベントも行われる。6日には林右昌市長が列車に乗り込み、乗客らに資料を手渡すなどしてPRした。

(王朝ギョク/編集:齊藤啓介)