2014年に発表された「レンジローバー・スポーツ」のハイパフォーマンスモデル、「レンジローバー スポーツSVR」により高性能な改良型が早くも捕捉されました。

1

現行モデルはV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載、最高馬力550psを発揮し、0→100km/h加速は4.7秒のパフォーマンスですが、この改良型では、現行エンジンをブラッシュアップし、最高馬力は575psへ引き上げると思われます。

エクステリアでは、フロントバンパー、エアインテークのデザインがリフレッシュされる他、リアコンビランプも新デザインとなりそうです。

(APOLLO)

レンジローバースポーツSVRに早くも馬力アップの改良型!?(http://clicccar.com/2016/04/07/365260/)