3Dプリンター複合機『ダヴィンチ 1.0 Pro 3in1』発表。3Dスキャン搭載、レーザー刻印モジュールにも対応

写真拡大

XYZプリンティングジャパンは、3Dプリンター複合機『ダヴィンチ 1.0 Pro 3in1』を4月21日に発売します。3Dプリント、レーザー刻印(オプション)、3Dスキャン機能を搭載。

価格は14万9800円(税込、以下同)ですが、同社オンラインストアでは4月20日まで13万9800円で販売し、4月21日から順次発送する予定です。『ダヴィンチ 1.0 Pro 3in1』は、3Dプリントだけでなく、3Dスキャン、レーザー刻印機能も使用できる3Dプリンター複合機です。3Dスキャンは本体内の2カ所に配置したセンサーと3Dスキャンソフト「XYZscan」を使い、専用のターンテーブルにオブジェクトを置いて行ないます。所要時間は5分弱。スキャンしたデータはPC上でサイズの拡縮、表面のなめらかさを調整できるほか、stlファイルとしても保存可能です。

3Dプリンターとしては熱溶解樹脂積層方式を採用しており、1.75mm径の他社製ABS/PLAフィラメントも使用可能。3Dプリントの表現の幅が広がっています。最大プリントサイズは200×200×190mm、積層ピッチは0.1〜0.4mm(0.05mm刻み)。専用ソフトウェアとして、簡単操作で3Dプリントできる「XYZware for Pro」を用意するほか、Wi-Fi機能も搭載しています。

さらにJPG/PNG/GIF/BMP/TIFFの画像データを紙、木材、革などの素材にレーザーで刻印する「ダヴィンチ Proシリーズ専用レーザーモジュール」(価格は2万2800円)も搭載可能。このモジュールは『ダヴィンチ 1.0 Pro 3in1』だけでなく、ダヴィンチ Proシリーズにも装着できる仕様です。

本体の大きさは468×558×510mm、重量は26kgです。