東京から2時間。ゴールデンウィークは秩父でパワースポット巡り

写真拡大

今から楽しみで仕方がないゴールデンウィーク。

今年は、有給休暇をうまく使えば、最大10連休。グリッティ編集部で「ゴールデンウィークの過ごし方」を調査したところ、1位が「国内旅行」という結果に! (※)

そこで、日帰りで気軽に行ける「レトロな秩父を巡るバスツアー」を紹介します。

秩父銘仙羽織でレトロな雰囲気を満喫

秩父鉄道と秩父観光興業が提案するバスツアーでは、秩父の伝統工芸である「秩父銘仙」を着ることができます。

秩父銘仙の羽織は、大正から昭和にかけて多くの女性が好んだ、おしゃれ着。着やすく動きやすいので、普段から着物に慣れていなくても1日中、ラクに過ごせます。

柄もたくさんの種類が用意されているので、自分のお気に入りの一着に出会えそう。

20160407_chichibu03.jpg

秩父銘仙を着て、レトロな秩父の街並みを歩けば、Instagaramに載せたくなる雰囲気ある写真が撮れそう!

そしてそのまま、「秩父神社」まで足をのばしましょう。

秩父神社は、学業成就や縁結びにご利益があると言われるパワースポットのひとつ。新しく勉強をはじめたり、失恋で心に癒しを求めている人には、ぴったりかも。

仕事運を後押ししてくれる「三峯神社」

20160407_chichibu_02jpg.jpg

このツアーでは貸切バスで、関東屈指のパワースポットと呼ばれる「三峯神社」にも連れいってくれます。

秩父の山奥にある「三峯神社」は、ひんやりとした空気が流れ、とても神秘的。パワースポットとして人気が高く、多くの人が参拝に訪れているんだとか。

とくに、金運アップや縁結び、家内安全の神様が祀られています。三峯神社には、富士山から東京にかけて強い気が流れていると言われており、意志が強い人を後押ししてくれるそう。

キャリアップや、良縁を強く望むなら、ここで願掛けしたら、ご利益があるかもしれません。

東京から約2時間で行ける秩父。レトロな街並みに癒され、パワースポットで鋭気を養えば、ゴールデンウィーク明けの仕事へのやる気がアップするはず!

[秩父銘仙羽織体験と秩父レトロ街歩き・三峯神社]

開催日:2016年4月17日(日)、23日(土)、24日(日)
集合:秩父鉄道秩父駅
旅行代金:3,900円(羽織体験・バス代含む) ※昼食および集合駅までの交通費は各自負担
最少催行人数:30名
申込:(1)電話受付:秩父観光ツアーセンター 048-525-3701
(2)WEB受付:秩父鉄道ホームページ

[秩父鉄道]

※アンケート結果は、2016年4月6日(水)時点のものです。

Photo by PIXTA

文/岩瀬智世