ニュージーランドの乳牛は、栄養豊富な牧草を食べてのびのびと育つ

写真拡大

ニュージーランドの大自然で育った乳牛からとれた、新鮮な牛乳を使った乳製品を取り扱う「フォンテラ ジャパン」は、2016年3月25日〜4月3日、イオンモール幕張新都心イオンコート(千葉県千葉市)で、春休み限定「スイーツ・フェスタ:ニュージーランド チーズ&バターフェア」を開催しました。

万全なトレーサビリティを確立

初日には、自然豊かなニュージーランドの放牧酪農による牧草飼養(グラスフェッド)の生乳から作られるバターとチーズの魅力を語るトークセッションも行われました。

フォンテラ ジャパンの代表取締役社長、斎藤康博氏は、「ニュージーランド産のチーズとバターは、くせがなくノーマルで、日本人の口に合う味わいです」と、その魅力を話します。

「バターは色が鮮明で黄色いのが特徴で、栄養成分が豊富に含まれています。チーズは、素朴で軽やかな味わいで、多くのプロセスチーズの原料として使われています。最近の動きとして、小売店を中心としてニュージーランド産ブランドのバターやチーズなどの産地を明確にした商品を取り扱う動きもあり、当社でも、ニュージーランドの乳製品のイメージアップに努めていきます」

同席した、ニュージーランド大使館の商務部参事官、ジェイソン・リーブス氏は、「ニュージーランドの乳牛は、栄養豊富な牧草を食べてのびのびと育っています。また、厳しい安全管理を行い、万全なトレーサビリティを確立しているので、安全・安心を重視する日本の消費者にも認められる品質を実現していると思います」と、その安全性の高さも強調しました。

ハリウッドセレブにも話題の完全無欠コーヒー

いま日本国内で、ニュージーランド産の乳製品で特徴的なグラスフェッド(放牧酪農による牧草飼養)のバターやチーズなどが注目されていますが、話題の「完全無欠のコーヒー」って知っていますか? 日本でもベストセラーになった『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』の著者であるデイヴ・アスプリー氏が全世界のブランドバターを試した末、牧草飼養(グラスフェッド)の無塩バターとココナッツオイルをコーヒーに入れたレシピを開発。グラスフェッドのバターの脂肪分により、頭が冴え、集中力が増し、エネルギッシュな1日を過ごすことができるといわれています。さらにダイエットの効果に影響するとされ、アメリカで新しいダイエット法として、ハリウッドセレブの間などにより注目が高まっているのです。

牧草飼養のグラスフェッドバターは、穀物飼育(グレインフェッド)のバターに比べて、ビタミンA、カロチン、ビタミンK2、D、Eが多く含有され、バターの色が比較的黄色いことが特徴。さらに魚介類、オリーブオイル、亜麻仁油などにも含まれ、脂肪燃焼効果があるといわれる不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。

健康・美容のために今後ブームになりそうなグラスフェッドバターにも注目ですね。