再起動する老舗ギターメーカー・フェンダーがつくる、プレイヤーのための「エコシステム」

写真拡大

1946年創業の老舗ギターメーカー、フェンダー。伝統とテクノロジーをあわせもつ彼らはいま、楽器とデジタルサーヴィスからなる“フェンダーエコシステム”をつくり、すべてのギタープレイヤーを支えようとしている。同社の傘下でアジアマーケットを統括するエドワード・コールが語る、フェンダーのリブートと日本の音楽シーンのいま。

エドワード・コール|EDWARD COLE
フェンダー・ミュージカル・インストゥルメンツ(以下、フェンダー)の日本法人、フェンダーミュージック株式会社 代表取締役社長。日本を拠点とし、アジアマーケットを統括する。ラルフローレン・ジャパン社長などを経て、2014年にフェンダーに移籍。80〜90年代、自身もミュージシャンとして活動していた経験をもつ。fender.co.jp

フェンダーがいま、変わろうとしている。

「再起動する老舗ギターメーカー・フェンダーがつくる、プレイヤーのための「エコシステム」」の写真・リンク付きの記事はこちら

このギターのトップブランドは昨年、ディズニーやナイキで成功を収めたアンディ・ムーニーを新CEOに迎えて、オールドタイプのブランドをアップグレードする展開に向けて動き出した。

伝統ある製品にテクノロジーの革新を加え、自らのエコシステムを拡張することでプレイヤーたちを支える取り組みは、次世代のハードウェアメーカー、そして音楽ビジネスのあり方を提示しているようにみえる。

デジタルで激変する音楽産業におけるフェンダーのヴィジョンを、アジアマーケットを率いるエドワード・コールがインタヴューで答えてくれた。

INFORMATION

『WIRED』VOL.21「Music / School 音楽の学校」

音楽家を育てるだけが音楽教育ではない。文化、あるいはビジネスとして音楽をよりよく循環させる「エコシステム」を育てることが「音楽の学校」の使命だ。ドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンが生んだ、音楽の未来を救う学びの場や、アデルらを輩出した英国ブリットスクールの挑戦、Redbull Music Academyの“卒業生”へのアンケートやオーディオ・スタートアップへのインタヴューなど、これからの学校のあり方を音楽の世界を通して探る特集。

──まず、フェンダーがいま進めているデジタル戦略がどのようなものか、教えていただけますか?

フェンダーは最高のギターとアンプ、その他音楽を演奏するためのツールをあらゆるレヴェルのプレイヤーに向けてつくることをコアビジネスとして継続する一方で、デジタルツールを活用してプレイヤーを支えるための取り組みに注力している。

「どのようにしてプレイヤーを支え続けられるか?」

これが、ぼくたちがデジタルを考えるうえで常に考える質問だ。ここでいう“プレイヤー”とは、プロフェッショナルプレイヤーだけじゃない。ギターを買ったばかりの人も、そしてまだギターを手にしていないがプレイしたい欲求に迫られているという人も、ぼくたちにとってはプレイヤーなんだ。

これまでの大きな問題は、90パーセントの人がギターを手にしてから1年でプレイすることを辞めてしまうことだ。これはとても悲しい。でも、根気よく続ければ彼らも素晴らしいギター人生を過ごせるはずだ。フェンダーではこの課題を解決するために、70年の歴史で蓄積してきた製品づくりを取り囲む“デジタルエコシステム”の開発を進めている。

今後フェンダーでは、プレイヤーたちのギター人生をさまざまな過程から支える、包括的な取り組みを行う予定だ。ギターを買ったばかりの人、スキルを磨いている人、共演者を探している人、すべての人が参加できるコミュニティづくりに取り組んでいく。

──ギターを初めて手にする体験をつくるうえで、フェンダーが重要にしている価値は何でしょうか?

いい質問だ。ぼくたちが重要視しているのは、業界最高のクラフトマンシップとクリエイティヴィティ、そしてテクノロジーの集合体としてのギターをつくることだ。フェンダーの創業者レオ・フェンダーが最初につくったギターが、それまで存在しなかったテクノロジーで見るものを驚愕させ、ミュージシャンの音づくりを根底から覆したようにね。

次に大切なことは、テクノロジーを理解すること。ギターとは、美しさと複雑さが共存しているアートとテクノロジーの集合体。音楽のサイエンスと数学とをミックスさせて生まれた楽器なんだ。小さなパーツから素材の組み合わせに至るまで、ギターはテクノロジーを極めた楽器だと言える。そこでフェンダーが目指すべきことは、楽器に対する理解を深めるための安心感を届けることである。ぼくたちは、人と楽器の心地よい関係をテクノロジーとサイエンスで実現しようとしているんだ。

もうひとつ、ぼくが強調して伝えたいのは「エモーション」が絶対に必要だということ。ギターをつくるために注がれる技術者たちの感情。ギターコミュニティを支えている人たちの感情。楽器をプレイし続けているプレイヤーたちの感情。これらは音楽を語るうえで、忘れてはいけない重要な要素だと思う。

fender02

──以前と比べてCDが売れなくなり音楽ストリーミングが台頭している現代の音楽産業で、フェンダーは産業構造の変化をどうとらえていますか?

これまで音楽産業は、素晴らしいミュージシャンたちがつくる作品がレコード会社によって流通することで支えられてきた。この仕組みは非常に制御された構造だったと思う。やがてCD、そしてダウンロードが生まれたことによって、これまで不可能だったCDの自主制作やデータの交換ができるようになった。さらに、レコード会社がテクノロジーを受け入れ始めたことで、それまでコントロールされていた音楽産業の構造に変化を自ら呼び起こした。

音楽ストリーミングはいい例だね。この流れをぼくは素晴らしいと思う。つくった音楽を流通させる意味では、画期的な進化だよ。レコード会社に依存しなくても音楽をつくれて、成功すればキャリアを始められるなんて最高だね。今日では、楽器をマスターして素晴らしいライヴをするアーティスト、感動を呼ぶ曲を書けるアーティスト、強力なコミュニティを形成するアーティストが生まれている。30〜40年前には考えられなかった世界が生まれているんだ。

──テイラー・スウィフトがアーティストへのロイヤリティー分配の不平等を理由にSpotifyから楽曲を取り下げたことが、音楽産業にとって大きな影響となりました。デジタル音楽に関して意見を述べるクリエイターが増え始めた一方、クリエイターが自立するための難しさも顕著になっていることは、音楽産業がテクノロジーで進化するうえで解決しなければいけない課題だと思っています。フェンダーのエコシステムは、クリエイターと産業の関係を改善するためにどう貢献できると考えられますか?

この問題は音楽業界で連日議論されるほど深刻になっている。ぼくも80〜90年代にミュージシャンとして活動していたので、この問題に対しては意見があるよ。

影響力をすでにもっているアーティストが音楽ストリーミングに配信を拒否することは、まったく構わないと思う。ただテクノロジーの流れは止めることはできない。以前と比べて、音楽を流通させる方法、録音する方法、プロモーションする方法、コミュニティをつくる方法が飛躍的に進化して身近になっていることは事実だ。ぼくがバンドをしていたころは、ライヴのたびに情報を載せたハガキ1,000枚以上を用意して送ったり、フライヤーをつくって貼ったりしなければいけなかった。でもいまじゃ、SNSなどのデジタルツールを使ってプロモーションやマネタイズをすることもできる。

ただどんなにテクノロジーが変化しても変わらない重要なことは、楽器を理解することとソングライティングをマスターすること、そしてコミュニティを形成することだと思っている。

フェンダーのゴールは、今日、そして次世代のアーティストが成功するために、楽器のマスターとソングライティングのマスターになるためのサポートを行うことなんだ。フェンダーのエコシステムは、楽器をライヴで演奏するすべてのプレイヤーのために存在する。そのために、デジタルテクノロジーを使い、技術の習得、そしてコミュニティーづくりを支えることを目指している。例えばいま、プレイヤーたちのコラボレーション、レコーディング、トレーニングをより簡単に行うことを可能にするアプリを制作しているんだ。音楽産業の問題は複雑だけど、プレイヤーと彼らの音楽を救うための答えはシンプルだと思う。

fender04

フェンダーがつくるのはギターだけではない。アンプなどの演奏を支える製品やギター技術の上達をサポートするサーヴィスからなるエコシステムによって、プレイヤーの音楽体験全体を支えようとしている。

──アジア市場をフェンダーはどうご覧になっていますか?

素晴らしい多様性がある市場だ。プレイヤーとしてのスキルが素晴らしいバンドがあちこちで生まれている。同じような流れは、中国、タイ、インドネシアとあらゆる都市で起きている。ぼくは、次世代の音楽革命はアジアから起きると思っているよ。

とくに重要なのが、日本の市場だ。日本はこれまでも音楽、テクノロジー、ファッション、ライフスタイルなど世界に影響を与える文化の多くを独自形成して、発信してきた。日本は最新トレンド発祥の地なんだ。そしてプレイヤーのクオリティーや細部にいたるまでのこだわりは世界のどの市場でも敵わない。

いま、日本人プレイヤーは日本の音楽ファンだけでなく、アジアの音楽ファンまでも魅了し始めている。ぼくは今後も日本人プレイヤーがアジアで影響力を放ち続け、楽器を始めたい人にとってのインスピレーションとなると信じている。

──アジアを牽引する存在として日本の音楽シーンを見るコールさんが、なかでもクオリティーが高く、人々のインスピレーションになりうると思う日本人プレイヤーは?

L’Arc〜en〜Cielのkenをぼくのリストから外すことは出来ない。東京スカパラダイスオーケストラの加藤隆志も素晴らしいプレイヤーだね。彼が奏でるリズム、トーン、演奏スタイル。すべてが最高レヴェルだ。そのほかにも大勢の素晴らしいプレイヤーが日々音楽を演奏している。SCANDALのTOMOMIやOKAMOTO’Sのハマ・オカモトも、ぼくのお気に入りのプレイヤーだ。ぼくは彼らと仕事ができることを誇りに感じているよ。

ジェイ・コウガミ|JAY KOGAMI
デジタル音楽ジャーナリスト。音楽ブログ「All Digital Music」(facebookページ)編集長。「世界のデジタル音楽」をテーマに、日本では紹介されないサーヴィスやテクノロジー、ビジネス、最新トレンドを幅広く分析し紹介する。オンラインメディアや経済誌での寄稿のほか、テレビ、ラジオなどで活動中。デジタル音楽ビジネスに関する講演や企画に多数携わる。@jaykogami
jaykogami.com

fender05