リーズナブルな上に多彩なサービスが受けられると好評

写真拡大

栃木県鬼怒川温泉の人気ホテル、「伊東園ホテルニューさくら」は館内の随所を一新しリニューアルオープンした。

【写真を見る】「大滝の湯」「宝の湯」の2つの源泉から成る温泉

今回のリニューアルでは、和・洋・中のバラエティに富んだ品数が並ぶバイキング会場の、フロア・テーブル・椅子などが一新された他、ライブキッチンコーナーには調理ロボが登場し、常にアツアツできたての料理が提供できるようになった。

他にも、貸切風呂や禁煙フロア、ダンスホールなどがオープン。ゲームコーナーにはかつて大流行した懐かしの昭和ゲームが大集合。自動麻雀卓も増設されている。

「温泉という日本の文化をもっと多くのお客様に知ってほしい、そして何度も足を運んでほしい」をコンセプトに、リーズナブルな料金を基本とし、「夕朝食バイキング+夕食時はアルコール飲み放題付」タイプを始め、本格和食を提供する「和食膳」タイプなど、多様なスタイルのサービスを提供している同ホテル。

鬼怒川温泉にまた一つ魅力的なホテルが誕生した。【東京ウォーカー】