iPhoneの容量を気にせずハイレゾ音源を楽しめる

写真拡大

スマートフォン用周辺機器および音響機器などを扱うラディウス(東京都中央区)は、小型ミュージックストレージ「AL-LCS11/12」を2016年4月中旬に発売する。

iPhoneやiPadなどLightningコネクターを持つiOS機器と接続して使用できる。メモリー容量32GB「AL-LCS11」と64GB「AL-LCS12」をラインアップ。64 GBモデルではCDを超える高音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源を400曲、圧縮音楽データなら8000曲を保存できるといい、iPhoneの容量を気にせずたくさんの音楽を外出先でも楽しめる。

ハイレゾ対応の同社製アプリケーション(アプリ)「NePLAYER」、「NePLAYER Lite」で音楽データの再生や移動、コピーが可能だ。アップルの「MFi(Made For iPhone/iPad/iPod)」認証を取得している。

今後は写真やビデオ、書類データの管理・閲覧アプリ「DATA-BOX」と、4K動画撮影・編集アプリ「NeMOVIE」を、それぞれ4月と6月にリリース予定で、音楽再生以外の機能も充実させていくという。

市場想定価格は、「AL-LCS11」が1万5000円前後(税込)、「AL-LCS12」が2万1000円前後(同)。