6日、サッカーACLのガンバ大阪と上海上港の試合中のスタンドで、上海申花のファンが「上海申花だけが上海の名声」とする内容の横断幕を掲げ、上海上港ファンと殴り合いに発展した問題について、上海申花は公式声明を出し、ファンの行動を非難した。資料写真。

写真拡大

2016年4月6日、大阪で行われたサッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグG組のガンバ大阪と上海上港(中国)の試合中のスタンドで、上海上港と同じ上海に本拠を置く上海申花のファンが「上海申花だけが上海の名声」とする内容の横断幕を掲げ、上海上港ファンと殴り合いに発展した問題について、上海申花は声明を出し、「申花サポーターと上海サッカーのイメージを傷つける行為だ」と強く非難した。網易体育が伝えた。

声明では、試合に勝利した上海上港を祝福した上で、「申花サポーターはどのような場所でも発言や行動において規律を守るべきであり、愛するクラブのイメージに傷をつけてはならない」とした。(翻訳・編集/柳川)