1日、中国版ツイッター・微博に、日本人に関する興味深いつぶやきが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年4月1日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、日本人に関する興味深いつぶやきが寄せられた。

つぶやきの主は、香港の衛星テレビ・鳳凰衛視の東京首席記者を務める李ミャオ(リ・ミャオ)氏。日本の地方で帰宅ラッシュの時間帯に特急電車に乗った際、自由席の車両が混んでいたためか指定席の車両に乗ってくる人が何人もいた。その時、座席はいくつも空いていたが、座席指定券を持っていない人たちは誰一人として座ろうとしなかったのだという。

このつぶやきに対して、ネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「民度が高い」
「日本人の素養は世界一!」

「疲れてるならとりあえず座って、人が来たら席を立てばいいんじゃないのかね」
「こんなの世界でも日本だけ。人が来たらどけばいいだけのこと」
「座席の無駄」

「座ったら巡回に来た車掌さんに料金取られるんだよ」
「原則を重んじるのはわかるけど、頭固いイメージ」

「日本人のルール順守は文句のつけようがない」
「日本の環境の良さ、秩序は世界でも有名」

「日本人男性が北京でおばちゃんよりも大声で話してるのを聞いたことがあるし、日本に行った若い人たちは(分別を間違えるのを恐れて)ごみ箱にごみを捨てられないということもある。環境が人を変えるんだ」(翻訳・編集/北田)