「過去辛すぎて」自伝執筆断念、「ロード・オブ・ザ・リング」の俳優。

写真拡大

自伝を執筆していた俳優のイアン・マッケランは、「過去を思い出すのが辛い」という理由から、事前に受け取っていた100万ポンド(約1億5600万円)を出版社へ返金したそうだ。

「ロード・オブ・ザ・リング」のガンダルフ役で知られるイアンは、出版社ホッダー&スタウトンと自伝出版の契約を結んでいたものの、執筆を断念したことをオックスフォード文学フェスティバルの会場で明かした。

「執筆活動に9か月を取っておいたんだ。事前にしっかりとお金も受け取っていたよ。でもそのお金を返しちゃったんだ」
「ちょっと辛かったんだよ。過去の人生を振り返ったり、今まで理解できなかったことをイメージするのが嫌だったんだ。自分の人生の中で起きていることを自分自身でもちゃんと理解していないんだ。それは役者人生には関係ないことだしね。だから、悪いけど断念したんだ」

その一方でイアンは以前、あるインタビューの中で、もともとシャイな性格のため、有名人であることは自分自身を勇気づけてくれるといい、「シャイな性格で生まれて、今もシャイだとすると、有名人であることは自分自身に勇気を与えてくれるんだよ」「部屋に入ると、いろんな人が僕のところにやってきて挨拶してくれたり、演劇や映画が好きな人や僕のことを知っている人たちがなんで挨拶したかったのか説明したりしてくれるからね」と話していた。