変化したファッションについて語った後藤真希(画像提供:セブン&アイ出版)

写真拡大

【後藤真希/モデルプレス=4月7日】昨年12月に第1子となる長女を出産した元モーニング娘。の後藤真希が、7日発売の雑誌「saita」5月号に登場。妊娠・出産を経て変化したという自身のファッションについて語った。

【さらに写真を見る】ママになっても美しい!変化したファッションスタイルを披露した後藤真希

誌面にて、白ニットに柄スカートを合わせたゆったりスタイルなどを披露し、出産前とは180度変わったという、ママモードなファッションについて語った後藤。いい意味で力の抜けた後藤流のおしゃれの秘密に迫っている。

◆ヒールからスニーカーファッションに


「ライブのリハーサルでもヒールというくらい、とにかく足元はヒール。それにショーパンが基本でした」と妊娠前のファッションのこだわりを明かした後藤。妊娠中に、毎日散歩をするためにスニーカーを履くようになってからは、それに合うラフな着こなしが増えてきたという。

現在もスニーカーに似合うファッションを継続中だそうで「いつの間にかデニムとニットみたいなシンプルなスタイルが心地よくなったんです」と変化を明かし、「シンプルすぎるスタイルだけど、ハットで女らしさを添えたり、色でトレンド感を出したりとひと工夫する余裕も出てきました」と出産後のこだわりも語った。(modelpress編集部)

情報提供:「saita」(セブン&アイ出版)