もしかして俺のこと好き!?彼を意識させるために言いたい必殺ワード5選(Photo by mast3r/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】気になる男性には、「好き」と言わずとも自分の思いを伝えたいものです。ここでは、気になる男性の心をあなたに向けさせるための必殺ワードを5つご紹介。いずれも解釈の幅が広いので、言われた方は「今のはどういう意味で言ったんだろう?」と気になってしまうはず。食事中や飲み会など、「明るくサラッと」話しかけてみてください。

【さらに記事を読む】女友達だと思ってたのに…異性として意識した7つの瞬間

■「ファンなんですよね!」


これはかなり直球ではありますが、あえて言うことで彼の気持ちをこちらに向けさせる方法です。

「ファンは多いと思うんですけど」「ファンでいさせてくださいね」など会話の展開によって言葉を添えるとなお良いです。

あなたに気があるなら「僕も○○さんのファンだよ」などと返してくれるはず。そうなったらしめたものです。「ファン同士ですか?両思いですね」などと笑いながら返してください。彼の行動が変わってくるはずです。

■「知り合いに雰囲気が似ていて話しやすいんです」


気になる相手の前では、ついつい話が弾んで喋りすぎてしまいます。それを相手に指摘されたら、照れ隠しのような感じで使うのがこちらのフレーズ。

以前から知っている気がする、というのを相手に伝えるのが狙いです。言われると、不思議と相手もそういう気がしてくるみたいですよ。

■「お兄ちゃんみたいな感じがするんです」


実際にお兄ちゃんがいる人は「兄には何でも相談していたので、なんか話しやすくて」。いない人は「兄がいなかったのですが、慕っている友達を羨ましく思っていました」などと添えればOK。

話の早い男性は「お兄ちゃんは恋愛対象外?」などと聞いてくるかもしれません。その時は「いや、そういうわけではないんですけど…」という展開に持って行きましょう。

ということは?と相手の妄想もドキドキも止まりませんよ。

■「幼馴染の男の子に似ていて、昔から知っているみたいなんです」


幼馴染は、誰にとっても良い記憶です残っているものです。それに似ていると言われ、悪い気がする人はいませんよね。

相手が「どんな人だった?」などと聞いてこればこちらの計算通り。「○○さんみたいにやさしくて、話をよく聞いてくれて…」と相手には恥ずかしくて直接言えない言葉を並べれば、彼は自分のことのように喜んでくれるはず。

あなたのこともより気になってしまいますよ。

■「○○さんが上司(もしくは同僚)だったら仕事も楽しそうですよね」


男性は、褒められることが大好きですが、こと仕事に関して褒められることは特別です。仕事ができる、頼りがいがある、など多くの承認欲求を同時に満たしてくれるこの言葉は、重宝します。

相手がのってきたら「こんなに楽しかったら話してばかりで仕事になりませんね」と潔く言い切ってしまうのも、好印象を与えます。

いかがでしたか?

今回は気になる男性の心をあなたに向けさせるための必殺ワードをご紹介しました。

まずは「好き」のかわりに、この言葉を会話やメールに織り込むことから始めてみましょう。(modelpress編集部)