5日、韓国外交部は国連安全保障理事会で対北朝鮮制裁決議が採択されて1カ月になることに関し、「「国際社会の『対北朝鮮』の構図が強化されるなど、制裁の効果が可視化されていると信じている」と明らかにした。写真は朝鮮半島の地図。

写真拡大

2016年4月5日、韓国・SBSによると、国連安全保障理事会で対北朝鮮制裁決議が採択されて1カ月になることを受け、韓国外交部は「国際社会の『対北朝鮮』の構図が強化されるなど、制裁の効果が可視化されていると信じている」との考えを明らかにした。

外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は同日の定例会見で、「安保理決議の採択後、制裁対象となった北朝鮮船舶に対する入港禁止、北朝鮮の貨物に対する検査強化、不法行為に関わった北朝鮮要人らの追放、北朝鮮からの研修生の受け入れ中止など、さまざまな分野で目に見える成果が出ている」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「韓国外交部の話は信じられない」
「1年後に北朝鮮は韓国に吸収され、朝鮮半島は統一される。北朝鮮国民が金正恩(キム・ジョンウン)を裏切り、北朝鮮は滅びる」

「楽になりたければ核を放棄すればいいだけ。簡単なことだが、金正恩にとっては難しい選択なのだろう」
「朝鮮半島を統一しようなどと考えず、北朝鮮と関わらずに生きていく方がいい。お互いに無視している方が楽だ」
「北朝鮮が非核化の道に進むまで、韓国政府はいかなる対話もするべきでない」

「外国の専門家らは『圧迫だけで北朝鮮の核問題を解決することはできない』と言っている。韓国政府は選挙のため、北朝鮮の反発を誘導して南北の緊張を高めようとしているだけだ」
「国民は全く効果を感じていない。北朝鮮は制裁など気にせずにミサイルを撃ち続けているではないか」(翻訳・編集/堂本)