自己判断で頭痛薬を飲むのは危険だって知ってますか?

写真拡大

執筆:井上愛子(看護師)


頭痛に悩む人にとって、薬局で手軽に購入できる鎮痛剤は強い味方ですよね。
原因がわかっている頭痛に対して、適切な範囲内で服用するには問題ありませんが、長年病院も受診せず自己判断で市販薬を飲み続けていると、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのはご存知でしょうか。

以前より頻繁に頭痛が起こる、痛み方が変わってきた、薬がきかなくなったように感じるなどの症状に心当たりがある人は、頭痛薬の飲み方について考えてみましょう。

頭痛薬で症状が悪化!?


市販薬でも処方薬でも言えることですが、服用後すぐに症状が悪化したり何らか別の症状が現れた場合は、すぐに使用を中止しましょう。
頭痛薬の中には、脳内で痛みを抑える作用が強いものもあり、人によっては、服用後に脳の血管が開いて拍動性の(ズキンズキンと繰り返すような)痛みを生じさせる場合があります。こうした症状を発するのは、もともと慢性頭痛である「偏頭痛」や「緊張型頭痛」をもっている人に多く、薬によって同様の頭痛発作が生じてしまうことが要因として考えられています。

また、何日も服用し続けてのちに起こる頭痛もあります。このタイプの頭痛も、もともとひどい偏頭痛や緊張型頭痛もちの人に発症することが多く、自分の頭痛がどういうタイプのものかを知らずにとにかく痛みを和らげようと、市販の頭痛薬を飲み続けているうちに発症することが多いのです。
一時痛みが治まると、「病院に行くほどではないとか」と自己判断を下して、市販薬に頼るようになってしまいます。

とくに、吐き気やめまいなどを併発する偏頭痛の頭痛発作は、日常生活にも支障をきたすほどつらく、頭痛発作への不安から予防的に薬を服用してしまう傾向にあります。偏頭痛の治療として病院で処方された痛み止めでも、痛みが出ていないうちに飲んだりすることで、薬物乱用型頭痛を起こします。

薬物乱用型頭痛はどう判断する?


薬物乱用型頭痛に当てはまるかどうかは、次のようなことをチェックしましょう。

定期的に週3日以上薬を飲んでいる

薬を増やしても次第に効きが悪くなる

毎朝のように頭痛がある

半月以上ズキズキする頭痛が続く

強度や症状、部位など一定しない頭痛が起こる

消化器症状など頭痛以外の症状も起こる


薬物乱用型頭痛は難治性の頭痛ですので、服用している薬を中止して、代用となる薬を追加するなどの適切な治療が必要となります。

薬とのつきあい方を変えよう


自分がどういったタイプの頭痛もちなのか、まずは病院をきちんと受診することが肝心です。
とくに「偏頭痛」の人に市販の鎮痛薬は効きませんので、発作が起こったときに服用する「急性期薬」、発作の頻度を抑える「予防薬」など目的にあった処方薬を正しく服用することが重要です。

偏頭痛の治療薬として処方されるおもな薬は以下のとおりです。

急性期治療薬


<軽度〜中程度>

アセトアミノフェン

非ステロイド系抗炎症薬 (アスピリン)

など

<中程度〜重度>

トリプタン製剤

・・痛みを発症してからおおむね30分以内に服用すると、脳内の血管、三叉神経に働きかけて血管の拡張を抑えます。「イミグラン」「ゾーミッグ」「レルパックス」「 マクサルト」など。

エルゴタミン製剤

・・昔から使われてきた薬。トリプタン製剤が使えない人などに処方。痛みが出てから服用します。

※いずれも制吐薬を併用することが多いです。

予防薬

β遮断薬,カルシウム拮抗薬,抗てんかん薬,抗うつ薬

・・頭痛発作の程度や頻度、合併症・持病の有無などで選択されます。副作用の低いものから始めて、数か月かけて効果を判定していきます。

患者に合う薬を医師が判断するには、患者自身が薬の用法用量を守ってくれることが大前提です。頭痛の症状とともに、自分が飲んだ薬の種類や回数を、きちんと記録することが大切です。予防薬は、痛みが頻発する中度〜重度の方に処方されることがあり、発作の頻度が減れば中止します。そうした診断にも、頭痛ダイアリーのような記録は有効です。