朝日新聞は6日、同社の新聞記事を音声で聞ける無料のスマートフォンアプリ「アルキキ」の提供を始めたと発表した。対応OSはiOS8以降、Android4.4以降のスマートフォンのみ(一部機種を除く)。タブレット端末、PCでは利用できない。

 独自に構築した読み上げ辞書を活用することで、聞きやすい音声ニュースのファイルがスピーディに作成され、配信される。読み上げられる音声は、読み間違いやアクセントの不自然さがほとんどないという。

 音声ファイルの更新時間は6時、8時、12時、18時の1日4回。配信される新聞記事の本数は6時と8時で合計約15本で時間は7〜8分、12時と18時では最大6本。配信される記事の内容は新聞記事の第一段落のみ。記事一覧で確認でき、同社のサイトにリンクが張られている。