新“発芽系”食材でヤセる! 「スプラウト・ダイエット」
発芽玄米に、かいわれ、豆苗。日本でもおなじみの食材ですが、ロサンゼルスでは、さらに進化した“新芽系食材”が登場しています!

発芽して栄養価がアップした状態の新芽系食材は、少量でたくさんの栄養が取れ、ダイエットの強い味方。日本でもテレビ番組で、ブロッコリースプラウトを食べるというダイエット法で女性芸人がヤセたことでも話題になりました。彼女が試したのは、3日に1回20gを摂取するという方法だそう。

ダイエットに成功することができたのは、スプラウトに含まれる高い栄養価のおかげ。ブロッコリースプラウトには、スルフォラファン、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEを含んでいます。
特にヤセると話題になった成分がスルフォラファン。ブロッコリースプラウトは、成長したブロッコリーの7〜20倍もこの成分を含んでいると言われています。スルフォラファンは、抗酸化&解毒作用があるので、脂肪や毒素を体外に排出する作用を持っているのです。

ロサンゼルスでは、日本でみかけないケールやパクチーなどのスプラウトが並んでいます。また、だいたい常時5種類ほどの種類が売られているのもこちらならでは。

サラダはもちろん、サンドイッチに入れたり、メインのお肉の付け合わせにと、使い勝手がいいのも人気の秘密。ヘルシー系セレブの食事をチェックすると、当たり前のように、食事にスプラウトを取り入れています。

ほんの数センチしかない、と〜っても小さな芽でもそれぞれ味に個性があり、パクチーはしっかりパクチーの味がするのも驚き! そのため、サラダに少し加えたり、サンドイッチにプラスすると、おしゃれな味に仕上がります。

キヌア、レンズ豆まで新芽付き! 「スプラウトシード」

もともとロサンゼルスでも定番のスプラウト。それが、ダイエットの定番食材、キヌアやレンズ豆などの豆や雑穀にもスプラウトブームが来ています。もともとヘルシーな食材が、さらに新芽を生やしてパワーアップ。オーガニック系ストアでも、目立つところにラインナップされるように。

さっそくキヌアを試してみたところ、もともとのプチプチ感に、かすかに新芽のサクッとした歯ごたえが加わり、なんとも心地いい食感で食べられます。

さらに、自分で育てるビーンズミックスまで登場。種(豆)を水に入れ、芽吹くまでの3〜5日間は8時間ごとにきれいな水に替えるだけ。ほんの数日でも手塩に育てた新芽たちを食べるのは、もったいない気もしますが、新鮮で自ら育てたという安心感は格別です。種(豆)が芽吹いた時の感動もひとしおで、ちょっとはまりそうな予感。

この発芽ブーム、さらにいろんな食材にも広がるかもしれませんね!

(小山陽子 LA在住 健康&美容エディター)