6日、中国で生きた子牛をガスバーナーで焼く男の動画が物議を醸している。ネット上ではこの男を特定する動きが始まり、名前や住所などが出回ったが、警察は該当する人物は実在しないと明らかにした。資料写真。

写真拡大

2016年4月6日、中国で生きた子牛をガスバーナーで焼く男の動画が物議を醸している。ネット上ではこの男を特定する動きが始まり、名前や四川省綿陽市三台県の住所などが出回ったが、地元警察は該当する人物は実在しないと明らかにした。成都商報が伝えた。

動画には、50代くらいの男がガスバーナーの火を牛の後ろ足などに近付け、地面に血が広がる様子などが映っている。(翻訳・編集/柳川)