花が咲き乱れる春にぴったり。「表参道ヒルズ」に「10周年限定メニュー」が登場

写真拡大 (全6枚)

2016年2月11日(木・祝)に10周年を迎えた「表参道ヒルズ」。これを記念して、館内のレストラン・カフェ 10店舗で、2016年4月21日(木)までの期間、「Time To Bloom(タイム トゥ ブルーム)」をテーマにした「10周年限定メニュー」を提供しているそう。花咲く春を表現したメニューは、いずれも色鮮やかで女心をくすぐる美ルックス。

写真は、本館3階にある京風バル「京 お野菜バル めい」で17時から提供する「さくらワインと赤コンニャクのお刺身」(1512 円)。別添えの塩を混ぜたごま油とともにいただく赤コンニャクと、酵母に桜を使った「さくらワイン」の相性は絶妙とか。さらに、気になるメニューからおすすめ5点を編集部がピックアップし、広報担当者に詳しく教えてもらった。
本館3階にあるイタリアン「サルヴァトーレ クオモ」では、素材をブーケに見立てた「桜マスのカルパッチョ ブーケ仕立て」(1944 円)を、17時からいただける。オゼイユとアボカド、バナナを使った酸味が効いたソースが、脂がのった桜マスのおいしさを引き出してくれる仕上がりとか。ピンク色が鮮やかな一皿は、春の夕べにぴったりの美しさ!


たまには贅沢なランチを…という気分なら、本館3階にある和食レストラン「やさい家めい」で11時から16時に提供する「春御膳」(2376 円)を選んで。こちらは、新玉葱、 新ごぼう、スナップえんどう、アスパラ、 そら豆などの春野菜をバラエティ豊かに楽しむことができる一皿。紫黒米の菜飯とさくらの花を添えたお吸い物も、まさに春そのものの風情で気分を盛り上げてくれるはず。

※仕入れの状況により内容が異なることあり


ボリューム満点のランチが希望なら、本館3階にあるカフェ「ゴールデンブラウン」の「生ハムとセミドライいちじくのホットサンド」(1380円)も要チェック。

生ハムとセミドライいちじくの黄金の組み合わせに、ほんのりビターなルッコラがアクセントを添え、さらにマスカルポーネチーズの甘みが優しく全体をまとめているそう。大人味の贅沢サンドは、お酒とともに休日のブランチにいただくのもおすすめ。


本館1階にある人気店「マックス ブレナー チョコレートバー」には、「ストロベリーホワイトチョコチャンクピザ 1/6 スライス」(500 円)が登場。ホワイトチョコレートとトーストしたマシュマロのうえに、イチゴとアーモンドのスライスをトッピングしたこちらは、女友達と一緒にシェアするのにぴったり。


本館地下1階にある「トラヤカフェ」では、自慢のあんにメープルシロップや黒糖を合わせた熱々ソースとフルーツを組み合わせた「あんフォンデュ」(1296円)を提供する。イチゴやキャラメリゼしたバナナ、ミニトマトのシロップ漬けなどに加えて、焼菓子や白玉、クリームチーズやシナモンとカカオのおこしなどもお皿に盛り付けられていて、バラエティ豊かな食感と味わいを楽しめるそう。

エディブルフラワーの飾り付けもかわいいこちらは、4月14日(木)までとほかよりも提供期間が短いとか。気になる女子はお早めに!