あぁ悲劇!「妻がドンドン不幸になる」夫のヤバすぎる性格3つ

写真拡大

もしも今、「私って不幸だわぁ〜!」と叫びたいほどに毎日がつまらない場合には、そばにいる夫の性格が災いしている可能性も否めません。

では、“妻を不幸感のどん底に陥れる夫”にはどんな特徴があると思いますか?

毎日顔を合わせる関係にあるだけに、夫の不幸オーラが妻にも伝染しているとしたら……悲劇としか言いようがありません。

そこで今回は、市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が、妻をドンドン不幸に陥れる夫のヤバすぎる性格を3つご紹介します。

 

■1:無表情

夫が極端に無表情なタイプだと、妻が何かを話しかけても無表情なまま返事をしがちです。

すると、妻は「つまらないのかな」「怒っているのかな」と、夫の顔色を見て生活することになり、幸福な生活からは程遠くなってしまいます。

何かをお願いするにも夫の顔色を伺い、レジャーの予定を立てるにも夫の表情を見極める……、こんな生活を送っていれば「私って、幸せ!」とは胸を張って言えなくなりますよね。

夫が無表情で何を考えているのかわからない場合には、思い切って「顔が暗いよ〜。どうしたの?」と聞いて、さりげなく無表情を指摘してみると変わるかもしれません!

 

■2:面倒くさがりや

夫がなにかと面倒くさがるタイプだと、妻は何をするにも奮起させなくてはならず不幸な結婚を嘆く傾向にあるようです。

週末のレジャーの予定も妻がいつも企画しなくてはならなかったり、「家を買おうか」という大事な話になっても妻だけが動いたり……。

夫が家庭のことを何もしてくれず妻ばかりが負担してしまう関係は、「なんて不幸な結婚なの……」という心境に陥りますよね。

この場合は、夫に何かをしてもらうと「嬉しい!」と素直に伝えることから始めてみると、夫が自発的に行動するようになる可能性が高まります。

 

■3:ネガティブ思考

ネガティブなひとが身近にいるだけで、ネガティブな空気が伝染しますよね。

夫が常にネガティブな思考にとらわれている場合、何かを提案してもどんなに深刻な相談をしても、すべてネガティブな返事が返ってきてしまいます。

すると、本来そこまで落ち込む必要がなかった妻までもがネガティブな意見にとらわれ、不幸な環境に身を置いてしまうことに。

夫にネガティブな傾向がある場合には、なるべくポジティブな言葉で話しかけるよう意識したほうがいいでしょう。

 

いかがですか?

一番身近な存在である夫の性格によって、妻の不幸感が増すなんて残念ですよね。

お宅の夫は、大丈夫そうですか?

(ライター 並木まき)

 

【Specialコンテンツ(PR)】

外出中も安心!「いつでもに子どもを見守りたい」ママの強〜い味方とは

※ 旦那に幻滅されるかも…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

※ 不幸な妻の特徴は「肌」に出る!? 今話題の自然派化粧品がすごい

 

【関連記事】

※ 「愛妻家は妻をこう呼ぶ」3位ニックネームを超える圧倒的1位は?

※ その無関心さ、異常だから!夫の「妻への愛情」が冷めかけてるサイン3つ

※ 外に癒しを求め始める!妻は悪気なくても「夫が浮気に走ってしまう」言葉3つ

 

【姉妹サイト】

※ どっかーん爆発しちゃう前に!「夫への不平不満」賢い妻の解消法3つ

※ スキンシップは最下位!? ベテラン夫婦に聞く「夫婦円満の秘訣」1位は

 

【画像】

※ Antonio Guillem / Shutterstock